ほぼ日書評チャレンジ中

ESG

ESG ESG

テレビや新聞を見ればとにかく「脱炭素」の現代。社会人なら無視できないテーマですが、難しい専門用語や統計データについ敬遠してしまいがち。そんなあなたに、電力・エネルギー関連の最新ニュースがすんなり分かる基礎知識を、やさしく解説しています。

脱炭素アドバイザー

「炭素会計アドバイザー資格制度」が改定!一般開放の2級以降を受験するか否かの判定ポイントとは?

「炭素会計アドバイザー資格制度」が改定されます。これまで会員限定だった1級・2級が、一般申し込みに受験者にも開放されるよ...
ESG

太陽光や水力を活用した自作エネルギーで自然の恵みを満喫しつつ高い電気代のお悩みから解放される方法

「小さいエネルギーで暮らすコツ」(編・農村漁村文化協会,2023年3月出版)を読んだのでその感想です。ここで言う「小さい...
ESG

電力会社の送電網から独立したオフグリッドの節電ノウハウを福島第一原発元エンジニアに学ぶ

「みんなの節電生活」(著・木村俊雄,自由国民社,2023年4月発売)の感想です。日ごろ、勤務先グループ会社の電力使用量を...
ESG

牛のげっぷのメタンを減らして環境・経済両面でいいとこどりする地球温暖化防止戦略とは?

ウシはメタンガスを排出するので地球温暖化対策のために何とかしなければ!という主張をよく聞くようになりました。メタンの温室...
ESG

環境問題にも熱心なビル・ゲイツ氏が提唱する、気候変動を論じる際に考えるべき「5つの問い」とは?

「地球の未来のため僕が決断したこと 気候大災害は防げる」(著:ビル・ゲイツ,翻訳:山田文,出版:早川書房)を読みました。...
ESG

水リスクが危険水域!バーチャルウォーター輸入大国日本が採るべき水ストレス対策とは?

「データでわかる2030年地球のすがた」(著・夫馬賢治,日経プレミアシリーズ,2020年7月)を読んだので、その感想です...
脱炭素アドバイザー

温室効果ガス排出量算定実務者が脱炭素アドバイザー取得に炭素会計アドバイザー資格を選んだ3つの理由

環境省の「脱炭素アドバイザーベーシック」の認定資格の試験を受けることにしました。「炭素会計アドバイザー資格3級」で取りま...
脱炭素アドバイザー

炭素会計アドバイザー協会が快挙!CDP「教育&トレーニングパートナー」認定のメリットと今後の可能性

炭素会計アドバイザー協会が、CDPの「教育&トレーニングパートナー」に認定されました。炭素会計アドバイザー協会が、CDP...
ESG

最新デジタル技術を駆使してGX(グリーン・トランスフォーメーション)を推進するアイデアを一挙公開

「図解ポケットGX(グリーン・トランスフォーメーション)がよくわかる本」(著:関貴大・松村雄太、秀和システム)が「GX」...
ESG

脱炭素を語るなら知らないわけにいかないカーボンニュートラルの意味と盛り上がりの裏事情

「超入門カーボンニュートラル」(夫馬賢治・著、講談社+α新書)の感想です。2021年5月発行の新書。先日、環境省の脱炭素...
脱炭素アドバイザー

脱炭素アドバイザーになるには?きんざいその他5つの認定資格のメリットや難易度を徹底比較

環境省の「脱炭素アドバイザー資格の認定制度」の公式サイトが、2023年9月26日にオープンしました。今後、「脱炭素アドバ...
ESG

地層処分とは?日本の現状や候補地とデメリットをわかりやすく解説

「地層処分」とは、要は何でしょう?まずは3行でささっと説明します。地層処分とは、いわゆる「核のゴミ」を地下深く、安定した...
スポンサードリンク
この記事をシェアする
小秋さんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました