スポンサードリンク

2016年第3回の英検1級会話問題が面白くない

eyecatch

英検1級の現時点での最新過去問、2016年度第3回リスニングのPart1が、あんまり面白くない。詳しく書くと怒られそうなので、それぞれ10字以内で描写してみよう。

No.1 新しい主治医がうざい
No.2 欧州を放浪したい
No.3 芸術より食い扶持★
No.4 社長が無茶振りする★
No.5 マイルが足りない★
No.6 やっぱ会社は商品力★
No.7 結末が納得いかない
No.8 広告予算が削られた★
No.9 営業部の新方針に不満★
No.10 会社を辞めたい理由★

★がオフィス、転職就職、企業と顧客のやりとり等。10題のうち7題がビジネス系だ。“Honey,”で始まる夫婦漫才っぽいネタ、例えば「電気代えらいあがっとるでー」「子どもの迎えどないすんねん」的なエピソードが消えた。

また、ビジネス系に関しても変化が見られる。多少のモヤモヤ感はあるものの、あまりに出鱈目な人や、分かりやすく横暴な人が登場しないのだ。

No.10の野心的な転職希望者と同族経営企業の面接官の攻防がちょっとじわじわくるが、従来の、愚痴スレや知恵袋のお悩み相談のネタとして使えそうな、パンチの効いたエピソードがない。なんかTOEICみたいでつまんない。

もしかして、夫婦の役割があまりに固定化されていたり、トラブルを起こすのはだいたい女性だったりという、英検の世界観にクレームがついたのだろうか。

スポンサードリンク

まあ私もその辺は問題あるなあと思っていたが、なくなってみるとさびしい。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ