スポンサードリンク

『デザインを学ぶ2 色彩と配色セオリー』(石田 恭嗣・著)を読みました

eyecatch

『デザインを学ぶ2 色彩と配色セオリー』を図書館で借りて読んでるんですが、いやーすごい情報量ですね、これ。

デザインを学ぶ2 色彩と配色セオリー

色彩検定1~3級レベルの知識のうち、さしあたってポスターやパッケージ、Webサイトのデザインに必要そうなとこだけが、コンパクトにまとめられた本。表色系の基本や、色別、配色別のイメージ、色の同化や対比、色相環を用いた配色法などなど、全部載ってます。

しかも、配色見本の色の表示に、グラフィックソフトで使用するCMYKやRGBが使われているので、実践的。

パソコンで何らかのデザインをすることになり、色彩や配色でお悩みの初心者の方は、ぜひ本書を手にとってみてください。カラーコーディネーター検定や色彩検定の学習を経なくても、問題が解決する可能性があります。

唯一、気になるのは色のユニバーサルデザイン(色覚の異なる人にも見やすい色使い)についての項目がないことでしょうか。

個人的には、オストワルト表色系なんかは削ってでも、色覚のタイプによっては見分けにくい色の組み合わせ例や、色覚シミュレーションの画像を列挙してもらいたかったなあと。

「色のユニバーサルデザインとは何ぞ?」というは、ぜひこちらの書籍に目を通しておかれることをおすすめいたします。プロアマにかかわらず、これから何かをデザインしようという方にとって、必須の知識です。

色のユニバーサルデザイン(日本色彩研究所 著、全国服飾教育者連合会 監修)

ところで、この本、私にとっても収穫でした。私は、普段パソコンでイラストを描く時、色の指定にRGBやカラーホイールを使っているのですが、CMYK は身についてないなあという実感があったので、レッスンに従って、カラーチャート等を作ってみたのです。すると、どの数値が増えると、色がどう変化するかが分かってきて、CMYKに対する苦手意識が薄らいできたような。

おそらく私の他にも、カラーの資格を持ってはいるけれど、デジタルの色指定は苦手…という方はいらっしゃるのではないでしょうか。本書『デザインを学ぶ2 色彩と配色セオリー』は、色彩の初心者のみならず、そんな皆さんにもおすすめです。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ