スポンサードリンク

エコでかわいいクリスマスプレゼント!フランス生まれのペーパークラフトcasagami(カサガミ)が楽しい

eyecatch

ちょっとしたクリスマスプレゼントとして、年齢性別を問わず喜ばれそうな、商品を見つけました。日本では、カメヤマキャンドルハウスが販売しているcasagami(カサガミ)です。

カサガミ

casagamiは、スペイン語で「家」を意味する「casa」と、「gami」=日本語の「紙」を組み合わせたという名前のとおり、紙でできたミニチュアの家。組み立て式で、完成すると、灯篭のように、中に明かりを灯すことができます。

普通の光るオブジェや、クリスマスオーナメントと一味違うのは、屋根にソーラーパネルが搭載されていること。日中に太陽光で充電し、暗くなると、中のLEDが自動的に点灯する仕組みなんだそうです。

生まれはフランスで、太陽光発電のテクノロジーを使った製品のデザイン・開発をしているLitogamiの製品。

Litogami創立者のMarc Lebasさんによると、

私がなぜこの製品を開発したかというと、こどもたちに、かわいく、簡単に作れて、 なにより楽しく遊びながら、「エコ」(地球に優しい)やサスティナブルデザイン(持続可能なデザイン)について体感的に学ぶチャンスを作りたかったからです。

とのこと。

スポンサードリンク

と、ここで思い立って、YOUTUBEで「Litogami」で検索したところ、Marcさんの名前で投稿されている「Casagami Night Light」という動画が見つかりました。Casagami の組み立てと点灯の様子が見られます。

いやこれ、子どもだけじゃなくて、大人だってプレゼントにもらったら嬉しいですよね。特に、学研の「学習」「科学」の付録にわくわくした経験を持つ人には、ちょっとたまらないアイテムではないでしょうか。

ということで、私はこのcasagamiを、子供さんお孫さんはもとより、ちょっと気になる同僚・先輩・後輩・知人などへのクリスマスプレゼントとして贈ってみることを推奨したいと思います。

シンプルなデザインなので置く場所を選ばず、太陽光発電なので、電気の無駄使いや火事の心配をさせてしまうこともなく、しかもお値段1500円前後ということで、相手に負担を与えることもないかと。

それでいて、発明気分を楽しんでもらえて、贈る側はさりげないセンスの良さとエコへの関心をアピールすることができるのですから、言うことなし。120円切手を貼って定形外郵便として送れるのも魅力です。

なお、時期的に、クリスマスプレセントとしておすすめしましたが、通年で販売されています。1月には新デザインも発売されるそうですよ。
casagami(カサガミ)公式販売|カメヤマキャンドルハウス

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ