スポンサードリンク

40代の私がデザインがおしゃれと思える老眼鏡を3つ挙げてみた

eyecatch

最近、たまーにですが、本を読んだりiPod Touchの画面を見たりしているときに、目の焦点が合わないことがあります(汗) まあ、会社の過去の同僚には、40歳で老眼鏡を使い始めたという人もいましたので、私が老眼になるのもそう遠い日のことではないのでしょう。

ということで、今日はその日に備えて、最近の老眼鏡事情をチェックしてみることにしました。安くておしゃれでかっこいい老眼鏡って、あるんでしょうか。

まずは、「老眼鏡」という大きなキーワードで検索。そしたらJINSのサイトが上位に表示されました。

JINS PC for Reading(老眼鏡)

ディスプレイを見つめる時や文字を読む際、以前よりも「近くがぼやける」「疲れやすくなったかも…」と感じる方のために、JINS PCとリーディンググラス(老眼鏡)が1つになったメガネをご用意しました。用途や視力に合わせて選べる。クリアレンズなので自然な「見た目」と「見え方」で普段の生活に取り入れやすくなっています。もちろん、ディスプレイを見つめる際以外のシーンにもご使用いただけます。

なるほど、老眼鏡ではなく「リーディンググラス」と言うと、格段におしゃれ感がありますねえ。値段ははっきり書かれていませんが、「12月上旬新色登場!」という欄を見ると、4,900円+税とあります。シンプルで格好いいし、PCのブルーライトもカットしてくれるし、もうこれに決定でいいんじゃないか、という気がしてきました。

あ、でもフレームだけの値段だったりするのかな…これまで眼鏡をかけたことがないので、そのへんの常識を学ぶところから始めねばならないようです。

ということで、他のやはり老眼鏡事情も調べてみることにしました。老眼鏡の選び方や使い方の解説動画なんかないんだろうか、ということで調べてみてヒットしたのがこちら。

薄さ2mmの老眼鏡 ペーパーグラス機能説明Ver.2

今までの老眼鏡の問題点

・持ち運びがわずらわしい
・作りが複雑で使いづらい
・ポケットに入れると壊れてしまう

スポンサードリンク

を解決する老眼鏡だそうで、とにかく薄い!折りたたんでケースに入れても、手帳にはさめるレベル。また、パーツにさまざまな工夫があり、かなり堅牢性が高いようです。Amazonで見たら、お値段15,660円とのこと。動画を見た感じ、もっと高価に見えましたが意外とリーズナブルですね。

PAPER GLASS(ペーパーグラス) 折りたたみ老眼鏡-オーバルタイプ-

Amazonでは、他にこんな老眼鏡も見つかりました。眼鏡で有名な福井県の鯖江製。

純日本製 やわらかシニアグラス(老眼鏡)SABAE シリーズ【スモーキー・ブラック】鯖江製メガネ・JAPAN 度数:+0.75~+3.50

何が「やわらか」かというと、フレームに「超弾性プラスチック」が使われていて、ぐにゃーと曲がるらしいです。で、見た目は全然やわらかではないスタイリッシュさ。これいいですね!お値段3900円だし。

ということで、今日は意外と安い価格で、丈夫でおしゃれな老眼鏡が手に入る、ということが分かったのが収穫でした。これで、近くがぼやけて見えても、絶望せずにすみそうです。

おまけ。このぐらい老眼鏡がハマるシニアになりたいものです↓

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ