スポンサードリンク

『色の新しい捉え方』を読みました

eyecatch

色彩に興味はあるんだけど、「赤が好きな人は情熱的」「家の西側に黄色のものを置くと金運アップ」なんて話を聞くと、反射で「うさんくさっ!」と思ってしまうご同輩にぴったりの色彩関連本を見つけました。

デザイナーで、デジタルハリウッド大学教授の南雲治嘉さんの著書『色の新しい捉え方』です。南雲さんは、本書の中で、色彩という概念のあいまいさをいいことに、安易だったりスピリチュアルだったりする色彩論をふりかざして「色で幸せ(ハート)」「色で売れる!」などと言っている人たちを激しく批判。

色というのは、その色の属性だけではなく周りにある他の色、また、見る人の生理的な感覚や記憶によって見えが変わるものであって、したがってそれによる心理的効果も変わってくるので、「この色は○○」などという絶対的なきまりごとはないということを力強く語ってくれています。よくぞ言ってくれました! と拍手喝采でしたね思わず。

ただ、色の生理学的作用については、もう少し解説が欲しかったなあという印象です。脳科学や生理学の知識がない私は、「赤はアドレナリンを分泌させる」「橙はインシュリン」などと言い切られてしまうと、「本気にしていいんだろうか(汗)」不安になってしまうのです。。

あと、色彩の検定試験(先生は「色彩検定」と書いてますが、これが「色彩検定」そのものズバリなのか、カラーコーディネーター検定なども含むのかは不明)に批判的で、検定試験対策として学習必須の色彩論などもきびしく糾弾されいてます。受験勉強中の方は混乱してしまうおそれがありますので、くれぐれもご注意ください。

スポンサードリンク

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ