スポンサードリンク

シャア専用オーリスのカラーリングが全然シャアザクっぽくないのはなぜ!?

eyecatch

先日のピンクの新型クラウンに続いて、またしても気になるのはトヨタ自動車のことばっかり(汗)

そりゃそうです。更新期限を失念していたのをこれ幸いにと免許をうっちゃってしまってから何年にもなるんですが、こんなニュースを目にして平静でいられようはずがありません。

立てよ国民! ジオニックトヨタ社設立 シャア専用オーリスの販売が決定
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/123/123388/

「オーリス」なんて車は全く知らなかったのですが、ガンダムとコラボ、しかも「シャア専用」。小学校時代、勉強そっちのけでガンプラのために朝もはよから列を作った亭主を持ち、「当たらなければどうということはない」を座右の銘に生きる私としては、これは注目しないわけにはいかんでしょう!

ガンダムをあまりご存知ない方のために説明いたしますと、「シャア専用」というのは、『機動戦士ガンダム』の登場人物シャア・アズナブルが使用するモビルスーツ(戦闘用の大きなロボットとひとまずお考えください)の通称です。

モビルスーツの名称「ザク」「ゲルググ」「ズゴック」などの上につけて「シャア専用ザク」のように用います。略して「シャアザク」「シャアゲル」「シャアズゴ」というのも今やフツーに一般名詞です(私見)。

さて、そんな「シャア専用」の特徴のひとつは、「赤い」ことです。シャア仕様のモビルスーツには、隊長機としての識別のために、独特の赤いカラーリングが施されているんですね。

こちらがシャア専用ザク↓
シャア専用ザク プラモデルの画像

まあ、赤というよりはピンクとワインレッドのツートーンなんですが、作品中では「赤い」ということになっており、シャアの異名も「赤い彗星」だったりします。

なぜこの色になったかについては、諸説ありますが、すごく分かりやすく解説してくれている人が知恵袋にいらっしゃいました。

シャア専用ザクⅡ は何でピンク何ですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1372083163

スポンサードリンク

要約させていただきますと、「赤」らしい「赤」はすでにガンダムに使われていたので、敵役であるザクに同じ色を使うわけにはいかなかったと。

で、どうしたかというと、「シャア専用ザクの全身をパッと見た際、網膜の中で末端のピンク色と中央部の濃い色とが混ざり、感覚の上では「赤い」と認識してもらえる」という色彩設計がなされたとのことで。

そうか、シャアザクの色は併置混色をもくろんで設定されていたのか!確かに全体として「赤い」という印象を受けますよね。

しかし、今回発表された「シャア専用オーリス」の車体の色は、そんな「シャア専用ザク」の全体から受ける赤よりは彩度が高く、黄みが強いカラーとなっています。

シャア専用オーリスの画像

コンセプトデザインを担当したトヨタモデリスタインターナショナルの松本雅治氏によると、ピンクとワインレッドのツートーンだと可愛らしくなってしまってシャアのイメージに合わないと。なので、『逆襲のシャア』に登場するモビルスーツ「サザビー」に近い色を設定したんだそうです。

こちらがサザビー↓
サザビーのプラモデル画像

うーん、何もアニメにおける機体色を忠実に再現しなくても、「シャアザクをイメージした色」ってことでもよかったんじゃないでしょうか。例えば、シェードは紫寄りの暗い赤なんだけど、ハイライトがかすかにピンクに見えるなんて塗装を開発するとか。

その分、お値段が高くなってしまうかもしれませんが、そこは「シャア専用」ということで、皆さんむしろ余分にお金を出す方がプレミアム感があるとして喜ばれるんではないかなあと思ったり。

あ、そうそう、あと「シャア専用」という特別仕様は、一般兵士が使う「量産型」のモビルスーツがあってこそのものですので、ここはひとつ、量産型のオーリスもお願いしたいところですね。

量産型ザクのプラモデル画像

いかにも兵器といった感じのグリーンが特徴的な量産型ザク。これなら、かわいいというよりむしろ質実剛健!ガンダム世代の男性諸氏の中に眠る「哀・戦士」の心を刺激して、こちらはこちらでいい線行けそうなんじゃないかと思うんですが、いかがなものでしょう?

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ