スポンサードリンク

ソフトバンクの携帯電話 “COLOR meets GALA” で「色の同化と対比」をサクッとおさらい

eyecatch

ソフトバンクの携帯電話「PANTONE®∞」シリーズの「COLOR meets GALA」の柄シールって、一度貼り付けちゃうと剥がせないんですね。別売りのシールを買いさえすれば、いくらでも着せ替えできると思ってた。。

「COLOR meets GALA」は25色のボディカラーと8種類の「ガラシール」の組み合わせで200のバリエーションを実現しています。

ボディとシールの組み合わせは、こちらのページでシミュレートできます(※2015.04.30追記 サービスが終了した模様です) ↓

http://mb.softbank.jp/mb/special/200sh/tool/
組み合わせる:COLOR meets GALA = PANTONE(R) ∞ | ソフトバンクモバイル

このページにはガラシールが15種類あるので、あれ? と思い確認したところ、上段の5種類と中断のスター柄とヒョウ柄は、本体を購入すると、先着でもらえる限定デザインだそうで。

スポンサードリンク

すなわち、後々シールだけを買い求めることができないんですね。同製品のCMにおけるSMAPのメンバーの衣装は、木村さんを除いて、皆この限定デザインのガラシールと同じ色柄ですので、ファンの皆さんはお早めに。

ちなみに、中居さんが赤×チドリ(ホワイト)、木村さんがピンク×ストライプ(ダークネイビー)、稲垣さんがブルー×ドット(ホワイト)、草なぎさんがオレンジ×イチマツ(白)、香取さんがイエロー×レオパルドです。

ところで、このボディカラーとガラシールのシミュレーションページ、色の対比や同化の勉強にも役立ちますね。例えば、ボディカラーが同じ黄色でも、組み合わせる市松模様の色によって、微妙に表情が変わります。

組み合わせ例をキャプチャしてみました。水色の市松と組み合わせた黄色はビビッドに、色相は青みよりに知覚されてクールな印象に、赤の市松と組み合わせた黄色は、ややソフトに、色相は赤みよりに知覚されてウォームな印象となります。

彩度では対比が、色相では同化が起こっているわけですね。

25色×15種類のガラシールで375色のパターンが確認できるこのシミュレーションページ。他にもいろいろな色の組み合わせ効果が発見できるかもしれませんので、キャンペーン中にせいいっぱい活用させてもらおうと思います。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ