スポンサードリンク

11月24日は何の日?記念日「和食の日」をきっかけに考える「和食」とは何か

eyecatch

11月24日は和食の日です。「11(いい)24(にほんしょく)の語呂合わせで、「和食」文化の保護・継承 国民会議(略称「和食会議」)が日本記念日協会に申請し、認定されたもの。

和食の日

記念日の意味・趣旨は、和食会議によると、次のようなもの。

日本の食文化にとって大変重要な時期である秋の日に、毎年、一人ひとりが「和食」文化について認識を深め、「和食」 文化の大切さを再認識するきっかけの日となっていくよう願いをこめて、11月24日を“いい日本食”『「和食」 の日』と制定しました。

なお、記念日の認定は2013年10月25日で、和食が「和食;日本人の伝統的な食文化」として、ユネスコ無形文化遺産に登録された同年12月4日より早かった模様です。

いや、日本の季節をモチーフにしたイラスト素材屋としては、全く持ってうっかりしていました。昨年の時点で11月のカテゴリに「和食の日」の項目を設け、和食のイラスト素材をコツコツと作り続けていれば、今頃はかなりアクセスを集められるコンテンツなっていたかもしれないのに(汗)

ということで、さっそく素材屋小秋に「和食の日」の新設を社長に打診中ですが、ただ、よくよく考えてみると、ここで言う「和食」には何が含まれるのか、知らないことに気がつきました。

この点、和食会議は、「和食」を

料理そのものではなく、「自然を尊ぶ」という日本人の気質に基づいた「食」に関する「習わし」

スポンサードリンク

と位置付けており、四つの特徴を挙げています。( )内は私の要約です。

特徴1:多様で新鮮な食材と素材の味わいを活用(食材と調理技術の多様性)

特徴2:バランスがよく、健康的な食生活(一汁三菜、「うま味」の活用、動物性油脂が少ない)

特徴3:自然の美しさの表現(季節の花や葉、季節に合った器や調度品の活用)

特徴4:年中行事との関わり(家族や地域の人々と食の時間を共有)

全文はこちらのページに
↓ ↓ ↓
「和食」文化とは 

うーん、こういった基準からすると、一般的なうどんとかそば、丼ものなどの一品ものは「和食」から外れることになるのでしょうか。あと、鍋とか寿司はどういう位置づけになるのかなあ…。

ちなみにそばや鍋のイラストはすでにあります。

年越しそばのイラスト
年越しそば(天ぷらそば)

鍋物のイラスト
鍋もののイラスト

しかしまあ、これらを和食に含めなくても、考えてみると、一汁三菜に含まれうる食材やメニューだけでも、ネタは無限ですね。ご飯、味噌汁、お吸い物、お造り、漬物、煮物、焼き物、揚げ物があり、その中にはそれぞれ無数のバリエーションが…いや、食べ物描くのって楽しいんですよね。これは楽しみになってきました!

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ