スポンサードリンク

トレンドを先取り!2015年秋冬流行色のグレー混じりのカラーとはどんな色?

eyecatch

2013年はビビッドなブルーや黄色、2014年はビビッドな赤系の色や青緑と、秋冬もはっきりしたカラフルな色がトレンドの昨今ですが、季刊「流行色」(日本流行色協会発行)の大野礼子編集長がメディアに語ったところによると、来年、2015年の秋冬は「グレー混じりのカラー」「グレーを基調としたやわらかなトーン」が主流になるそうで。

昨年以来の原色に近いカラフルな色のトレンドは、景気回復への期待感と高揚感に由来するもので、来年あたりにはそれが一段落して落ち着いた色味が好まれるようになると、流行色の専門家は見ているようです。

ただ、「グレー混じりのカラー」「グレーを基調としたやわらかなトーン」と言われても、ピンと来ない人は多いのではないでしょうか。日本流行色協会(JAFCA)のサイトは、まだ2015年の秋冬のカラートレンドは公開されていませんし。ということで、今日はグレー混じりの色の見本を作ってみることにしました。

まず、こちらが2013年から2014年にかけてよく見られた原色に近い色です。

2013-14の流行色

これに白を混ぜると、パステルカラーとかペールカラーとか言われる色になります。明るく澄んだ色です。

パステルカラー

スポンサードリンク

その点薄いグレーを混ぜてみると、ソフトな、落ち着いた雰囲気の色になります。これがグレー混じりのカラー。よく知られた色名だと、ラベンダー、藤色、芥子色あたりに近い色です。

薄いグレー混じりの色

さらに黒を足してみたところ、こうなりました。濃いグレー混じりの色です。落ち着いた、というより地味な印象ですし、「ソフト」という語感からは外れる気がしますので、これはちょっと違うかもしれませんね。なので、おそらく、トレンドカラーは、上の色見本に近い調子の色になるのではないかと。

濃いグレー混じりの色

ということで、今日は2015年のカラートレンド予測を受けて、「グレー混じりのカラー」を作ってみました。JAFCAが実際にどんな色を2015年秋冬のカラートレンドとして設定しているかは不明ですが、落ち着いた雰囲気の、あまり個性を主張しない色であるというイメージはつかんでいただくことができたのではないかと思います。

ちなみに、原色に黒だけを混ぜるとどうなるかというと、こんな感じ。重厚で、はっきりした色になります。
黒を混ぜた色

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ