スポンサードリンク

2014年秋の流行色!? ビビッドなオレンジ系の赤の鉄板コーディネートを考える

eyecatch

2014年の秋は、ビビッドな赤が流行色なのか、街ゆく人のファッションや、ショップの店頭などでよく見かける気がします。朱色、バーミリオン、あるいはスカーレットなどと呼ばれる黄みがかった鮮やかな赤。今日は、そんなオレンジ系の赤のコーディネートを考えてみたいと思います。

2014年秋冬の流行色?オレンジ系の赤
photo credit: A National Acrobat via photopin cc

先日、台風19号が襲来したときの写真にも、きっちりこの色が写っていました。この方は白地の細いボーダーのトップスと合わせているようですね。

Blow hard ‹ Japan Today: Japan News and Discussion街で見かけたオレンジ系の赤

ファッション誌の特集にも、アパレルのプレスの方のお気に入りとして、取り上げられています。

美女プレスが着たい「必殺」スカートはコレ♪「甘すぎないオレンジ系の赤が新鮮!」|X BRAND

この色、PANTONE(パントン)の2012年のカラーオブザイヤーだった「タンジェリン・タンゴ(Pantone 17-1463 Tangerine Tango)」を鮮やかにしたような色ですね。

Pantone 17-1463
R=221,G=65,B=36

また、こういった赤は、2014年秋冬JAFCAレディスウェアカラーのパレットにも登場します。流行色協会が決めた色って、正直どれだけ影響力があるのだろうと疑問でしたが、この色に関しては、如実に反映しているのかと。

2014年秋冬 JAFCAレディスウェアカラー

そういえば、2013年の色彩検定1級2次にも、こういった色が「バーミリオン」として出題されてました。ジャケットがバーミリオン(PCCSではv3が近似色)で、ブラウスとスカートの色を同一トーンの補色にせよ、という問題。

再現すると、こんな感じなんですが…黄みの赤の補色は、青緑です。色彩調和論的には対照の調和ということで、バッチリなんですが、ファッションコーディネートとしてはいかがなものかと。試験中にかなり不安になったものです(汗)。

スポンサードリンク

色彩検定のバーミリオンのコーディネート

さて、リアルなファッションのコーディネートとして、オレンジ系の赤には何が合うのでしょう。まず、ブラウンは、赤を暗くした色なので、コーディネートすると同系色濃淡の配色となり、よく合います。ただ、その二色だけだと、紅葉した樹木みたいになってしまいますので、ベージュやグレーなどの、明るく色味が少ないベーシックな色を合わせるのがおススメ。

オレンジ系の赤×ブラウン

青緑や青など、対照的な色を合わせたい場合は、トーンの暗い色を選ぶと、こなれた感じになります。ほぼグレーに近い青緑や、紺色など。

オレンジ系の赤×青緑、青系の色

ターコイズのような明るい青緑系の色も、オレンジ系の赤にはよく合います。アクセントカラーとしてどうぞ。

オレンジ系の赤×ターコイズ

実はこの配色は、先日、ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんが演説をした時の衣装からとったものです。オレンジ系の赤のみのアイテムはちょっと派手すぎて…という方は、プリントの一部として取り入れてもいいかもしれませんね。

ということで、今日は色名で言うと朱色、バーミリオン、スカーレットなどと呼ばれるオレンジ系の鮮やかな赤の色のコーディネートをお届けしました。オレンジ系の赤のアイテムを買ってしまったけれど、何を合わせればいいのか分からない!とお悩みの方のコーディネートのヒントになりましたら幸いです。

【追記】その後、京都美術館で開催中の『ボストン美術館 華麗なるジャポニズム展』のメインビジュアルである、モネの「ラ・ジャポネーズ」がオレンジ系の赤のカラーコーディネートのよいお手本になることに、気が付きました。グレイッシュな緑や青との相性は最高であるようです。

orange-red-7
photo credit: roberthuffstutter via photopin cc

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ