スポンサードリンク

「緊張しい」は要注目!山中教授のノーベル賞記念講演ネクタイに見る紫のリラックス効果

eyecatch

12月10日、2012年のノーベル賞授賞式がスウェーデンのストックホルムで行われ、翌11日はあらゆるニュースサイトで、医学生理学賞を受賞した山中伸弥教授の笑顔を見ることができました。

あれ?

でも数日前にもネットで山本教授の画像をいっぱいみたような・・・あれは何だったのかなってことで、さかのぼって調べてみたところ、7日に開催されたノーベル賞の受賞記念講演が話題になっていたんですね。

山中教授、「日本の誇り」ネクタイに込め
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG08017_Y2A201C1000000/

受賞記念講演で山中教授が締めていたネクタイは、同じくノーベル賞受賞者の江崎玲於奈博士(物理化学賞)から贈られた品だそうで、山中教授は「頂いたネクタイを締めて講演したおかげで、少し緊張が和らいだと思う」と講演後の会見で語ったとのことです。

スポンサードリンク

会見での画像を見たところ、濃い紫とシルバーの細いストライプ(織りの凹凸でそう見えるだけかもしれませんが)の上品なデザインのネクタイでした。

落ち着いているのですが、華やかでもあり、どんな色のスーツにも合わせやすそうなので、男性の方で自分も入手したい!と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

紫から連想するイメージには「高貴」「知的」「神秘」「崇高」などがあります。これは、昔は紫の色材はとても高価で、高貴な身分の人しか身に着けることができなかったことに由来するとされています。

そして、心理的な効果としては、想像力をアップさせたり、緊張や不安を癒すというものがあるそうです。

山中教授が落ち着いて講演をこなすことができたのは、江崎博士効果が大きいとは思いますが、紫色の効果もあったのかもしれませんね。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ