スポンサードリンク

ムーミンを初めて読む人に『たのしいムーミン一家』をオススメする3つの理由

eyecatch

先日、『フィンランドの暮らしとデザイン - ムーミンが住む森の生活展』を一緒に見に行った亭主に、「トーヴェ・ヤンソンさんが書いた小説のムーミンシリーズを読んだことないんだけど、初めて読むならどれがおすすめ?」と尋ねられ、1948年の作品『たのしいムーミン一家』をすすめました。

私が最初に読んだのも『たのしいムーミン一家』だったことと、シリーズの他の作品と比べて陽気で、冒険的な要素が多く、主要キャラがほとんど登場するということで、シリーズ入門には最適ではないかと思ったことがその理由です。

ただ、偉そうにすすめた割には、断片的なエピソードしか思い出せず、あらすじを聞かれてもほとんど答えることができなかったので、あらためてネットで調べることに(汗)

何とかまとまりましたので、ここに書いてみます。

『たのしいムーミン一家』の物語は、冬眠からさめたムーミントロールとスナフキンとスニフが「まものの帽子」を発見するところから始まります。この帽子には、中に入ったものを他のものに変えてしまう不思議な力があり、ムーミン谷にさまざまな騒動を巻き起こします。

しかし、ムーミンママはそれどころではないといった様子でうかない顔。大事なハンドバッグをなくしてしまったからです。そんなママを元気づけようと海にピクニックに出かける一同。が、出かけた先で大雨にあってしまって、そこでまた一波乱あり。

スポンサードリンク

ちなみに、大雨のシーンでは、あのニョロニョロが登場して、主にヘムレンさんとスノークのおじょうさん(アニメではノンノン)がひどい目に。

その後、ムーミン谷に帰ってからも、トフスランとビフスランの夫婦や、ばけもののモランといったお客さん(?)もからんで、いろいろな事件が起こります。そして、意外なところでママのハンドバッグが見つかり、お祝いのパーティーをすることになり。

そこに、魔物の帽子の持ち主である「飛行おに」があらわれて、あっと驚く結末を迎えるのですが、このラストの幸福感が半端ないんですよね。ああ、これが『たのしいムーミン一家』を一番にすすめたい理由かも。

唯一、さびしいのは、パーティーの前にスナフキンが旅に出てしまうことでしょうか。そのへんの場面のムーミントロールのもやもやした気持ち・・・友達が先に成長し、ひとりで違う世界に行ってしまうのを何ともいえない気持ちで見送ったことがある人なら、共感するところが多々あると思います。

そうそう、スナフキン好きな人には、『ムーミン谷の夏まつり』もおすすめ。あのクールなスナフキンが、いきなり24人の子供の世話をする羽目になり、おろおろする様子には萌えること必至です。

ムーミン谷の夏まつり

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ