スポンサードリンク

アップルの新イヤフォン「EarPods」で英語リスニングが加速する理由が判明

eyecatch

英語学習に使っているiPod touchを第4世代から第5世代に買い替えたら、付属のイヤホン「EarPods(イヤーポッズ)」が想像以上に快適で、英語を聴く時間が長くなりました。

iPod touch 第5世代

亭主がiPod touch第5世代をすでに持っていてEarPodsを使っており、重低音がすごい、ということは聞いていました。

が、自分で使ってみて、音質はもとより耳にフィットする形状や、コードのなめらかさとか柔らかさに驚き。これまで使ってきたポータブルプレイヤーの付属のイヤホンとここまで違うとは…。

少なくとも、iPodtouch買い替え前に使っていた第4世代の純正イヤホンには、耳に入れる部分がちょっと動くと外れるとか、コードがゴワゴワで、すぐに何かにひっかかるなどの不快感がありました。

第4世代の純正イヤホン

なので、英語学習中は我慢するにしても、それ以外の時間は付けているのが嫌になり、せっかく流し聞きできる機会なのに耳から外してしまったり。

その点、新しいイヤホンは、頭を大きく動かしても耳から外れず、コードもひっかかりがほとんどなく快適。家でパソコン作業をしながら何時間でも英語ニュースや公式問題集の音声を聴いていられます。

EarPods

スポンサードリンク

あと、古いイヤホンは、持ち運びの点でも難がありました。イヤホンのコードをまとめるパーツの滑りが悪かったので、

①まとめるのが嫌になりそのままポケットに→コードが絡まってしまい、ほぐすのに時間がかかる

②ストレスを感じながら何とかまとめてポケットに→パーツを滑らせてコードを分離するのに時間がかかる

のどちらかとなり、結果、5~10分ぐらいの隙間時間には、iPod touchを取り出さなくなるという。

その点、新しいイヤホンは、まとめるやつがするすると動いてくれてストレスレス。

イヤホン まとめるやつ

いや、振り返って考えてみたら、以前はイヤホンのせいでかなりの時間をロスしていたような(汗)これを読んで、思い当たるふしがある方は、イヤホンの買い替えを検討してみるといいかもしれません。

ただ、EarPodsが誰にでも合うということではなさそうなので、念のため。先行して使っていた亭主に、使い心地のよさを興奮気味に報告したのですが、亭主の場合はやはり耳からポロポロ落ちるので、特に感動はなかったとか。

なるほど、それでEarPodsおすすめ!って話にならなかったのか…ちなみに、亭主は落ちないように、イヤホンの先端にかぶせるスポンジみたいなやつ(イヤーパッド?)を使っているそうです。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ