スポンサードリンク

富士通の色覚シミュレーションツール「カラードクター」の使い方(インストール編)

eyecatch

カラーコーディネート2級公式テキスト第3版(2012年改訂版)で紹介されていた、富士通の色の見え方のチェックツール「Color Doctor(カラードクター)」が無料だというので、今日はそれをインストールしてみたいと思います。

富士通の「カラードクター」ダウンロードページ
http://jp.fujitsu.com/about/design/ud/assistance/colordoctor/

むっ、ファイルのダウンロードはできましたが、インストールができない。。

ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックすると、「実行しますか?」と尋ねるダイアログが表示されるのですが、「続行」ボタンをクリックしても何も起こらないんですよね。ファイルを右クリックで「管理者として実行」を選択しても何も起こらず。

富士通のサイトに、「最新の.NET Frameworkにアップデートすることを推奨します」とあったので、関係あるのかどうか分からないけれども一応確認してみたところ、ちゃんと最新バージョンが入っているし。。

ちなみに.NET Frameworkのバージョンの確認方法は、こちらで教えていただきました。
http://d.hatena.ne.jp/kanonji/20090603/1244046673

あっ、などとやっているうちに、今ようやく「展開先の設定」というダイアログが表示されました。「続行」をクリックして約20分経過後にようやく。ちょっとインストールしてきます!

(しばし中断)

スポンサードリンク

インストールできました。ダイアログの初期設定では、展開先がなぜかデスクトップになっているので(だいたいのソフトはProgram Filesを指定してくるんですが・・・)、場所を指定し直して完了。「展開先の設定」ダイアログが設定されてからは、それはもうあっさりしたものでした。

で、「Color Doctor」を起動させた画面がこれです。上部バーのアドレス窓に、チェックしたいサイトのURLを入力して「移動」をクリックすると、左側の窓にアドレス先のサイトが表示されます。

そしてアドレス窓の下あたりにある「変換フィルタ」で、チェックしたい色覚を選択し「画像を変換」をクリックすると、この通り。左窓に異なる色覚の見えが描画されます。

富士通の色覚シミュレーションツール「カラードクター」

左側のオリジナルの画面のテキストリンクや画像リンクは、クリッカブルになっていますので、リンクをたどって、その先のページの見えを確認することもできます。これは便利 \(・w・)/ 

インストールに手こずってしまったので、今日はこのへんにして、また別に機会に使い方の詳細や、使ってみた感想をアップいたしますね。とりあえず、今日の教訓は、

「ダウンロードしたexeファイルを何度もクリックしない」

ダウンロードしたファイルをダブルクリックをして、「実行しますか?」ダイアログの「続行」を押したら、何も起こらなくてもしばらく気長に待ってみてください。いらちな私は、何度もクリックしてしまったので、「展開先の設定」ダイアログが何重にも開いてしまいました^^;

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ