スポンサードリンク

BUFFALO(バッファロー)の『有線BlueLEDマウス』開封の儀

eyecatch

マウスのホイールがうまく動かない、という状態が続いていたので、買い換えました。BUFFALO(バッファロー)の有線BlueLEDマウス、型番BSMBU16Mのシルバーです。今日はこちらの開封の儀の模様をお目にかけたいとます。

外装

うまく動かないというマウスはこちら。ELECOM(エレコム)のM-Y5AURシリーズのホワイトで、3ヵ月ぐらい前に亭主から譲り受けたものです。

ELECOM(エレコム)のM-Y5AURシリーズのホワイト

当時、亭主はこのエレコムのマウスを買って間もなかったのですが、マウスを触っていないのに、ポインタがふらふらと画面上をさまようという怪現象が発生し、即買い替え。

一方、その時、私は私で使っていたマウス(Dell INSPIRONの付属品)のボタンが馬鹿になってきていたので、亭主がお払い箱にしたエレコムを試しに使ってみたのでした。

そしたら、私のパソコンでは上記のような怪現象は起こらず、以降、快適に使用していたのですが、1週間ほど前に異変が…

なんと、ホイールが突然効かなくなってしまったのです。回しても回しても、画面をスクロールできない。特にInkscapeで絵を描くとき、画面の表示倍率を切り替えるのがめっちゃ不便!

そこで、亭主がエレコムから乗り換えて現在使っているのと全く同じバッファローのマウスを、西宮ガーデンズのJoshinで買ってきてもらったというわけです。それでは、さっそく開封です。ビリビリビリ。

スポンサードリンク

開封

外箱から中のプラスチックケースごと引っ張りだしてみました。

内容物一覧

保証書がプラスチックケースにシールとして貼り付けられていて、どのように保管するべきか悩み中。

保証書

こちらがバッファローの有線BlueLEDマウスの外観。形がシンプルで、シルバーメタリックが美しいです。

マウス本体

さっそく接続してみたところ、パッケージに大きく書かれた「手にフィット」の言葉通り、違和感なく使うことができました。ホイールに溝がついていて、しっかり動かせる感があるのも嬉しい限り。

ということで、このレビューは、買い換えてよかった!という好意的な評価だけで終わる予定でした。

ところが、まさにこのブログを書いている最中に、ポインタの位置が勝手に変わったり、しまいにはフリーズしたりという現象が…(汗)

いちど抜いて、接続し直してからは正常に動いていますが、何だったんだろう。とりあえず、買ってよかったかどうかという評価は、保留にしたいと思います。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ