スポンサードリンク

公開15周年!無料グラフィックソフト『Pixia』作者 丸岡勇夫さんのインタビューに思う

eyecatch

Windows用のオンラインソフトウェアを紹介するサイトとしてあまりにも有名な「窓の杜」。その最新記事として、私も愛用しているWindows用の無料グラフィックソフト「Pixia(ピクシア)」開発者の丸岡勇夫さんのインタビューがアップされています。

【公開15周年記念企画】「Pixia」作者 丸岡勇夫氏インタビュー

15年以上も公開され続けているというだけでもすごいのに、しかもその間ずっと開発が繰り返されているPixia。

Pixiaホームページ
pixiaホームページ

インタビューでは、そのPixiaの誕生秘話から今年の最新バージョンのVer.6のリリースまで、そして丸岡さんがプログラミングというものに携わることとなった意外なきっかけ、そしてソフト開発を長く続けるコツなどがたっぷりと語られています。

スポンサードリンク

印象深かったのは、「ソフトは接客業」という言葉と、それと一見相反するかような「上から目線で要望を出してくるユーザーに対しては、『嫌なら使わなければいい』くらいの気持ちで」という言葉。

丸岡さんのこのへんのバランス感覚の絶妙さが、Pixiaが長く続いている秘訣なのだろうなあと思う次第であります。

そしてそういった感覚は、サイトやブログ運営、ひいてはSNSの更新にあたっても重要ではないかと。ソフトやアプリの作成者やPixiaファンならずとも、Webを通じて発信をする機会のある方は、ぜひご一読を。

私自身は、Pixiaとは来年の春で丸8年のお付き合いとなります。出会いのきっかけや、思い入れなどは、今年6月の記事でたっぷり語っています。

無料グラフィックソフト『Pixia』15周年に思う出会いの妙の何たるや

なのに、色彩検定にかまけてver.6のリリースを知らなかったというのは、大失態(汗)この日曜に1級2次試験が終わったら、早速インストールして試してみることにします!

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ