スポンサードリンク

Pixia5の『チャンネルロックによる色調補正』のお役立ち度がタダモノでなかった件

eyecatch

2011年末にカラーコーディネーター2級を受験して合格、その後なんやかんやでバタバタして2012年6月から1級の勉強をスタート、そして先日、12月2日に1級(商品色彩)を受験しました

その間およそ1年と数ヶ月。色彩に関する知識や感覚は大いに磨かれましたが、それを表現する道具である各種画像ソフトの扱いの腕は全く伸びず、どころか操作法を忘れてしまい、過去に自分が作ったマニュアルを参考にしなければならないという有様で^^;

これはあかん、ということで、カラコ検定後、Pixia、GIMP、Inkscapeのスキルアップを図ることにしました。

で、Pixiaに関しては、ずっと使い慣れたver.4に固執していたのですが、これを気にver.5もマスターしてみようかと。

ver.5は、カラーが等色相断面から指定でできるので、ずっと気になってはいたんですが、インターフェースが大幅に異なることと、すぐ落ちるという現象が何度か続いたということで(2009年末頃の話です)、伸ばし伸ばしにしていたんですよね。ver.4はver.5とは「別系統」ということで、今後もver.4の開発は続けられるという話ですし・・・

ですが、今回ver.5についてよくよく調べてみたら、ver.4にはないこんな魅力的な機能があるではありませんか。

チャンネルロックによる色調補正
http://www.pixia.jp/pixia5/06/index.html

キャンバス上の指定した色を、自由に置き換えることができる機能です。上記リンク先では、画像中の緑の木の葉を紅葉した色に置き換える例が紹介されています。

スポンサードリンク

試しに手持ちの画像の色を変更してみました。登場するのはウチの小間使いのピクじろうです。まずは、色合いから。メニュー「描画」から「色調補正」を選択し、開いたダイアログの「チャンネル」から「色相」を選択して、画像中の変えたい色がある部分をクリックします。
Pixia5のチャンネルロックによる色調補正1 (色相を選択)

スライダーを動かすと、色合いが変わります。
Pixia5のチャンネルロックによる色調補正2 (色合いの変化)

いちど「色調補正」ダイアログのOKボタンを押して確定させ、もう一度メニュー「描画」から「色調補正」を選択して、チャンネルから「彩度」を選び、鮮やかさを変更した画像です。
Pixia5のチャンネルロックによる色調補正3 (色調補正後の画像)

色違いの画像をたくさん作る時に便利ですよね。これはいい!というか、なぜ3年も気づかなかったのか私。。orz ということで、遅ればせながらPixia ver.5についても使い手になってやろうという決意を固めた次第です。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ