スポンサードリンク

チロルチョコ<カフェデブラジル>で盛り上がる極私的サッカーワールドカップの楽しみ方

eyecatch

サッカーワールドカップの日本戦を見ないことが「世の流れに逆らうかのよう」であるなら、6月15日に日本戦があることすら知らなかった私は何呼ばわりされてしまうのだろう、と不安にさせられるニュースを読んでしまいました↓

W杯日本戦「何で見てないの?特集」とくダネ!に「非国民扱いするな」と非難轟轟

そういや、この前の日曜日、アクタ西宮近辺で、日本代表の青いユニフォームを着た人を何人か見たような気がするのですが、あの日に日本の試合があったのかあ、と納得。

コートジボワールの略称をどうするかが話題になっていたことや、ブラジルW杯の日本アウェーユニフォームのデザインがダサい、と英国メディアから言われているというニュース(私はあの色いいと思う)は憶えていたんですけどね。自分が何に着目してニュースを読んでいるかが、よく分かった次第です。

しかし、そんな我が家にも、かろうじて、W杯関連のアイテムがやってきました。6月10日に発売されたサークルKサンクス限定のチロルチョコ<カフェデブラジル>です。白黒のサッカーボール柄モチーフと、ブラジル国旗モチーフの二種類。

スポンサードリンク

チロルカフェドブラジル

チロルチョコ公式サイト内のニュースリリースによると、「ワールドカップを盛り上げる一品。 ブラジル産のローストコーヒー豆が入っており、本格的な味わいが楽しめます」とのことです。

チョコ本体は、残念ながらW杯仕様ではありません。普通のミルクチョココーティングの中に、クリームとチョコレートの層があるというもの。まず、一口かじってみた感想は、普通においしいけど、特にコーヒーの味はしなくて拍子抜け、というものでした。

しかし、残りを口に放り込んで、咀嚼してみてびっくり。ガリッという音とともに、何かが砕けたのです。そして、口の中に広がるコーヒーの味。どうやら、コーヒー豆が何粒か入っている模様です。いや、丸ごと入っているとは思いませんでした。一瞬、歯の詰め物が取れたのかと思って、冷や汗かきましたが、これで<カフェデブラジル>というネーミングに納得。

で、思ったのですが、このチロルチョコ<カフェデブラジル>、味といい食感といい、おつまみにもよさそうです。熱気で溶けないように、注意は必要ですが、W杯観戦のお供にぜひ。サークルKサンクスで、1個30円(税抜き)で買えます。ちなみにカロリーは57kcal。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ