スポンサードリンク

「特定外来生物」は英語で何という?

eyecatch

いや、他に何とかしようがなかったんかい……と思わず絶句した、千葉の自然動物園で、外来種との雑種のサル57頭が殺処分になったというあの話。

千葉県富津市は20日、ニホンザルを飼育している高宕山(たかごやま)自然動物園(同市豊岡)で、164頭のうち、約3分の1の57頭が特定外来生物のアカゲザルとの交雑種であることが分かり、駆除したと発表した。

飼育のサル57頭を駆除 千葉の動物園、交雑種と判明で|朝日新聞デジタル

22日付で、英語ニュースのJAPANTODAYにも記事が上がっていた。今日はそれを読んでみよう。

TOKYO —
A zoo has culled 57 native snow monkeys by lethal injection after finding that they carried genes of an “invasive alien species”, officials said Tuesday.

Chiba zoo culls 57 monkeys carrying ‘invasive’ genes|JAPANTODAY

cull 処分する
lethal injection 薬物注射
invasive alien species 特定外来生物

何でこんなことになったかというと、ニホンザル(snow monkey)とアカゲザル(rhesus macaque)の交配種は、2013年に改正された日本の環境法によって処分の対象となっているからだと。

Snow monkey-rhesus macaque crossbreeds were designated for culling when Japan’s environment law was revised in 2013.
(引用同上、以下の引用も同じ)

おそらくこれか。

Wikipedia-特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律

が、環境庁の人によると、許可を得れば飼育も可能で、法が作られて以降も、外来種に分類される動物を育てている動物園は、国内にたくさんあると。あれ?そうなん?

“There are many zoos in the country, which rear animals that became classified as invasive species after the law was created,”

そして、そもそもなんで外来種が問題なん?という話だが、WWFジャパンの人の話によると「在来の動物と混ざって自然環境と生態系を脅かすから」だそうだ。

スポンサードリンク

Junkichi Mima, spokesman for conservation group WWF Japan, said invasive species cause problems “because they get mixed in with indigenous animals and threaten the natural environment and ecosystem”.

うーん、交雑種が栄える自然環境も自然環境であることに変わりはないと思うんだが…。

あと、そんなに純血種大事なら、うっかりフェンスに穴が開いたまま放置していた動物園側にも、何らかの処分があっていいんでは?と思ったことであるよ。

ところで、同ニュースにはコメントが付けられる仕様になっているのだが、総じてこの一件に批判的だ。こんなコメントもあった。

Bob SneiderFEB. 23, 2017 – 04:54AM JST
seems like ethnic cleansing. Dangerously close to past rhetoric used by the empire.

まあ連想するよね、どうしても。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ