スポンサードリンク

油断大敵!かなり手強い色彩検定1級公式テキスト

eyecatch

色彩検定1級の公式テキストを読み始めました。

しかし、前半に色覚説、混色、XYZ表色系、L*a*b*色空間、オストワルト表色系、NCS、など私の苦手な項目がごそっとまとまっているので、全く読み進めることができません … orz

ということで、いきなり手持ちの’09・10年度の過去問題を見て、出題されている箇所をテキストから探し、該当箇所にマーキングするという手法から始めることにしたのですが、該当箇所を探し出すだけでも一苦労(09年に関しては、テキスト改訂があった年なので、旧テキストに準拠していたりするのかもしれませんが)。

当初は、9月に受験予定のTOEICが終わってから色彩検定1級の勉強にかかる予定だったのですが、なかなか一筋縄ではいかない試験のようです。早めに着手してよかった。

スポンサードリンク

色覚説、混色、XYZ表色系、L*a*b*色空間、オストワルト表色系、NCSは、カラーコーディネーター3・2級の出題範囲でもあり、またカラーコーディネーター1級の論述200字で出題される可能性がある項目です。

なので、いずれも合格している私は、本来ならマスターしていてしかるべきなのですが、どうも知識が上っ面だけというか、色彩検定1級テキストの該当ページを見ても

「ああ … そういえばあったねえそんなの(汗)」

と言うことが精いっぱいという体たらくで。

まさかオストワルト表色系の等色相面の記号等々を憶える日が来るとは思いませんでしたが、色彩のプロとして恥ずかしくない知識を身に付けるいい機会だと思って、頑張ってみようと思います。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ