スポンサードリンク

日本の伝統色「柑子色(こうじいろ)」の色見本があまりにいろいろすぎて色々大変な件

eyecatch

話題の画像系SNS”Pinterest(ピンタレスト)“で作成したJIS慣用色名のボードを、Wikipedia「JIS慣用色名」の色見本に合わせてちまちまと修正する日々が続いているのですが、今日は「柑子色(こうじいろ)」ボードで詰まりました。

柑子色は、平安時代からの伝統的な色名で、コウジミカンの実のような色とされています。系統色名で言うと「明るい黄赤」。Wikipedia「JIS慣用色名」のページで見ると、オレンジっぽい肌色のように見える色です。

Wikipedia「JIS慣用色名」の柑子色

柑子色

色をみた瞬間、おやっと思いました。というのは、ボードを最初に作成する際に参考にした色Web見本帳「和色大辞典」の柑子色は、もっと黄みが強くて、もっとミカンぽい感じの色だったからです。

和色大辞典の柑子色

柑子色

そもそも今回のPinterestボードの修正は、参考とする色見本帳が色によってまちまちな状態を、Wiki参考一本に絞るためのものですので、黙ってWikiに合わせようとも思ったのですが、これだけ色が違うとさすがに気になります。

ということで、また別のWeb見本帳「色見本大辞典」の「和名のJIS慣用色名一覧のWEB色見本」のページも確認してみたところ、こちらはWikiの色見本に近い色でした。

スポンサードリンク

色見本大辞典」の柑子色

柑子色

さて、どれに合わせるべきか。というところで、思い出したのが、色彩検定2級公式テキストの存在です。確か、柑子色は巻末のJIS慣用色名一覧に収録されていたはず。

そこで、テキストを見てみましたところ、ありましたよ柑子色。しかし、この色見本が、上に挙げたどの色とも異なる黄色みの強い色で、しかも同じくテキストに収録されている鬱金色(うこんいろ)とほとんど区別がつかないということで、もう混乱の極み。。orz

ちなみに鬱金色は、テキストとWeb色見本で色の見えがほとんど変わりません。こんな色です。

鬱金色

いやはや、ここまで見事にバラバラだと、いろいろ考えるのが面倒になってきました。Pinterestボードの柑子色は、黙ってWikiに合わせておくことにします。

しかし、問題は、昨日のブログに書いた自作の色彩検定用の慣用色暗記ツールです。Wikiの色見本をベースに作る予定だったのですが、テキストとこうまで色が違うのでは、そのまま使うわけにはいかなさそうですね。

試験問題には、やはりテキストと同じ色見本が掲載されるでしょうし・・・ちょっとツールの色見本をテキストの色見本に近づける方法を考えようと思います。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ