スポンサードリンク

カラーコーディネーター検定をはじめよう

eyecatch

カラーコーディネーターの資格を取ったら、イラスト素材やWEBページの配色をする際に役に立つんじゃないの? なんてことは我が家で何度か話題にのぼっていました。

しかし、素材屋運営や会社勤めやバイトや英語学習や何やらで、さすがにカラーコーディネイターの試験勉強までする時間はないだろうということで、「ああ、そりゃ勉強してカラーの資格まで取ってたら何かと役に立つだろうねえ。」という話で終わっていたんですね。

ところが、1週間くらい前に、ふと思い立って「カラーコーディネイター」で検索して、ヒットしたところの東京商工会議所(検定試験の主催者)のサイトを見てみると、今年、2009年2度目の試験が12月6日日曜日におこなわれるというではありませんか。

受験申し込みは10月23日というからギリギリ間に合うし、思い立ってから試験までが2か月というのもスピーディーでいいなあと、ふと、受験する方向に心が傾いたんですね。

ただ、カラーコーディネイターといえば、ヒューマンとか、ユーキャンとかで数か月は講座を受講して受験するもんじゃないかという気もしたので「カラーコーディネイター 学習期間」「カラーコーディネイター 勉強」とかいうキーワードで、合格者の皆さんの体験談を調べてみたんですよ。

スポンサードリンク

そしたら、Yahoo!知恵袋か何かで「3級は2~3週間で十分だった」「公式テキストと問題集をマスターすれば独学でOK」という3級合格者さんの口コミを目にしまして・・・

じゃあ、ということで独学でやってみることにして、さっそく、「カラーコーディネーションの基礎 第3版 カラーコーディネーター検定試験3級公式テキスト」というものを購入、受験申し込みも済ませました。

カラーコーディネーター検定試験3級問題集

テキストを一読しての感想。何だか暗記すること滅茶苦茶多い。。(・w・;

いや、過去にインテリアコーディネイターの勉強も少しかじったことがあるので、「マンセル表色系」とか「色相・明度・彩度」なんて用語が頭の隅っこに残っていたので、こりゃ楽勝だと思ったんですけど、一抹の不安が。。とりあえず、公式問題集を買いにいくことにします。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ