スポンサードリンク

明治のチョコ「プチアソート」の「えいごあそび」の英語が意外とあなどれない

eyecatch

ミニサイズのマーブル、マーブルいちご、アポロ、チョコベビー、コーヒーベビーが詰め合わせになった明治「プチアソート」を買いました。
petit-assort-1

コープの菓子売り場で、会社で食べるおやつを物色していたところ、この「えいごあそび」という文字が目にとまりまして。
petit-assort-2

一箱ずつにアルファベットとそのアルファベットを頭文字とする単語が書かれています。「O」は「omelet」。えっ、そんな綴りなの?
petit-assort-3

そーいや学校で習った憶えはないし、TOEIC関連の教材でも見ないような気が…ちなみに発音は、Weblioによると、米国が「άm(ə)lət」で、英国が「ˈɔmlət」だそう。いきなり勉強になりました。

続いてGはコップを意味する「glass」。子供の頃、いつもジュースや牛乳飲んでるガラスの器は、英語では「コップ」と言わないと知った時は衝撃でしたねえ。
petit-assort-4

「W」は「watch」。
petit-assort-5

そして「X」は「xylograph」…って何だそれ!!
petit-assort-6

答えは「もくはんが」。「xylograph」は木版画という意味だそうです。
petit-assort-7

スポンサードリンク

どこで使うんだそんな単語、と思いましたが、よくよく考えてみると、子供にとって、木版画は図工の授業で身近なネタなんですよね。あと、TOEICでも、Part3あたりで「Excuse me, I’m looking for a book about xylograph.」とかって登場するかもしれません。面食らわないように憶えておくのが吉でしょう。ちなみに発音は「ˈzaɪ.loʊ.ɡɹɑːf」(米)あるいは「ˈzaɪ.ləʊ.ɡɹɑːf」(英)です。

最後、「Z」は「zoo」。
petit-assort-8

ということで、私の買った明治プチアソートには「O」「G」「W」「X」「Z」が入っていました。「ならべてあそべる」とありましたが、私の語彙力では「GO」と「OX」しか作れそうにありません。遊ぶためには、もう何セットか買う必要がありそうです。
petit-assort-9

ところで包装に書いてあった「さがしものクイズ」って何だろう?
petit-assort-10

と、思いつつ箱を開けてみたら「りらりらりらりらりら←このどうぶつはなにかな?」というクイズが書かれていました。答えを、アルファベットの周りに描かれた絵から探すので「さがしものクイズ」である模様。
petit-assort-11

いや、意外にも新しい単語を二つマスターしたり、懐かしい感じのクイズでなごんだり、これはなかなかいい買い物をしました。小分けになっているので、一気食いに歯止めがかかるという点で、ダイエッターのお菓子としても優秀。ちなみにカロリーはセット全体で274キロカロリー。1箱平均54.8キロカロリーという計算になります。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ