スポンサードリンク

英検2016年度第1回リスニング問題出題「keep at it」ってどういう意味?

eyecatch

けさは英検1級2016年度第1回リスニングのPart1(会話問題)をディクテーションしてみた。準1級よりくだけた口語表現が多いのか?という印象。あと、全10問のうち、2問は会話が1分以上続き、ちょっと疲れる。

会話の内容は、ビジネスとか学校とか暮らしだが、働き方がブラック、夫婦のすれ違い、国防と愛国心、住宅事情と財布、友人が時間にルーズ、同僚が有休に口出し、上司の陰口、無意味なペーパーワークなど、テーマが何かと不穏なのが味わい深い。

が、英語表現が最も難しかったのは、学生の試験をテーマとしていて最も平和なNo.1だった。気になった表現をまとめてみることにしよう。

nothing seems to stickの意味

テスト前の学生の発言に、必死に単語リストをやり通そうとしているんだけど、“nothing seems to stick”というものがあった。

stickを改めて辞書で引いてみると、「心にとどまる、こびりつく」という意味が。stickのこの意味を知っていれば、分かる表現だと思う。

が、念のために、“nothing seems to stick”でそのまま検索してみたところ、同じ英検の問題の同じところで悩んで質問している人がいた。

英語に詳しい方に質問です。次の文章の中の”nothing seems to stick”の意味を教えてください。

回答したネイティブの人によると、日本語訳は「何も記憶に定着しそうにないや」となるそうだ。

そういえば、付箋のことをsticky memoって言ったりする。付箋をペタペタつけていくところをイメージすると、それこそ記憶に定着しやすいかもしれない。

That’s one way of putting it. を和訳すると?

これまた悩ましいのが、“That’s one way of putting it.” という一文。put itには「表現する」「言う」という意味があり、直訳すると、

 それは表現のひとつの方法だ

となる。しかし、件の会話では、こう訳すとピンとこない。何かを議論している場面ではないからだ。

そこで、“That’s one way of putting it.”で検索してみたところ、次のような解説がなされているページが見つかった。

スポンサードリンク

 ある事に対する返答の仕方、説明方法などに行く通りもの方法があったとしてます。しかしあなたの説明は、その内の1つでしかなく、しかも他の方が考えていたのとは少し違っていた、もしくは思いも付かないものでした。そういう場合に“that’s one way of putting it”と言います。「そういう説明の仕方もありますね」、「そういう解釈もありますね」、というような意味になると思います。

マンツーマン英会話ワンポイント・レッスン~“That’s one way of putting it” の意味は? | ETC英会話

もう少しこなれた感じで、「そうとも言える」「そうかもね」「言えてる」と訳している人もいる。

keep at itの意味は?

この学生さんは、“That’s one way of putting it.”の後、“I guess all I can do is keep at it.”と言う。keep at itの部分が謎だったので、調べてみたところ、Weblioにも載っているような慣用表現だった。相手を励ます表現として説明されていることが多い模様。

“keep at”で、「~を根気よくやる」という意味があり、”Keep at it.”は、「頑張れ!」、「 あきらめずに続けろ」という意味の相手を励ます表現です

思わず使いたくなる英語表現♪ Keep at it.より引用

英検1級2016年1回Part1のNo.1の場合は、話者が自分で自分を励ましてるので、

I guess all I can do is keep at it.
 ↓
思うに僕ができる全てはそれを根気よくやることだ
 ↓
根気よくやるしかないかね

というところだろうか。公式の和訳を見たいのだが、現在出版されている最新の1級の過去問集(2016版)に収録されているのは、2015年2回までなのだな。

毎年2月に新しい年度版が発行されるようなので、2016年第2回までが収録されている2017年版ももうすぐだろう。訳なんて必要ないし、と言えれば格好いいんだが、残念ながら全く要らないとは言えないのが現状。出たらチェックしたいと思う。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ