スポンサードリンク

I’m not sureの訳と使い方(英検1級過去問2015年度第2回リスニングより)

eyecatch

“I’m not sure”の訳と使い方など。今日のディクテーションのお題は、英検1級過去問2015年度第2回リスニングPart1の№9~10。各1分半ぐらいの会話で、№10は話者が3人だ。

英検は「断熱材」が好き?

№9は、うっかり暖房効率が悪い家に引っ越してしまい、寒いのを我慢しているにもかかわらず、光熱費が大変なことになってしまったという男女による会話(以下、断りがない限り引用は2015年度第2回英検問題のスクリプトより)。

女性からは、断熱材を追加しようか、ソーラーパネルを取り付けようかと色々な案が出る。ソーラーパネルは、英語でも“solar panel”。断熱材は英語で“insulation”という。この単語、TOEICでは見たことなかったが、英検では頻出のようだ。

が、男性はどのアイデアにも消極的。「この家じゃ効果ないかも」とか「今より暮らし向きがよくなってから検討しようよ」とか。あんまりぐずぐずしてると、奥さん、断熱と暖房費のカットに成功したという職場の“A guy”のところに行っちゃうんじゃないかと、ゲスい心配をしてみる。

スポンサードリンク

A guy at work reduced his heating bill by 30% that way.

wowは動詞としても使われる

№10は、会社のチームに新しいメンバーを加えようと採用活動をしている女性二人と男性一人の会話。何人か面接した結果、男性は若くて物静かで優秀そうなPhilip君が気に入ったが、女性たちは、もっと“proactive”な(積極的な)人材を求めているようだ。

しかし、どの候補者も決め手に欠けるらしい。

There’s no one who’s really wowed me.

間投詞のwow!が動詞としても使われるとは知らなんだ。英辞郎には、「あっと言わせる」などの和訳が掲載されている。

ちなみにPhilip君は、当面“backup”(予備)という扱いになりそうだ。採用にしろ、不採用にしろ、早く決めてあげてほしい。

Look, why don’t we keep him as a backup for now?

I’m not sureの意味

さて、No.9と10どちらにも登場したフレーズが、“I’m not sure”。

No.9より。暖房対策に消極的なご主人の発言。

I’m not sure that would really work with this old place.

No.10でPhilipいいんじゃない?という男性の発言の後、意見を促された女性2の発言。

Hmm…I’m not sure.

前者は「確信が持てない」という直訳でも問題なさそうだが、後者はちょっと違和感がある。そこで調べてみたところ、「それはどうでしょうか」という訳が見つかった。

I’m not so sure about that.
それはどうでしょうか。

はっきりとは否定せずに、やんわりと自分は乗り気ではないことを伝えるフレーズです。be sure は「確信がある、自信がある」という意味です。be not sure は「確信が持てない」という意味になります。so を間に入れることによって、「そんなに確信が持てない」と、さらに柔らかい表現にしています。
フレーズ・例文 それはどうでしょうか。|語学学習コミュニティ ゴガクル英語

日本語で、「うーん、どうですかねー」と言いたいような場面で便利そうだ。

ということで、今日は英検1級過去問2015年度第2回リスニングPart1から、興味深いところをピックアップしてみた。これで同回のPart1は終了。明日からPart2に入る。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ