スポンサードリンク

“clubs suit”の意味とは?—英検1級2016年第3回リーディングPart4より

eyecatch

ビジネスの分野などでよく用いられているあるカタカナ語の使い方が、実は誤用だったと知って、軽く衝撃を受けている。そんな英検1級過去問2016年度第3回リーディングPart4“How Science Works”。『Structure of Scientific Revolutions』の著者、トーマス・クーン氏の理論の話だ。

非常にざっくり言うと、科学はますます客観的に正確になっているっていうけど、それって本当なの?と疑問を投げかけた人がいたって話。抽象的な語句が多くて、サイトラするのに1時間かかった。

“clubs suit”の意味が分からない

そして本筋より読解が難しかったのが、理論をわかりやすく説明するために言及された心理実験の話。“playing card”を使った実験なのだが、実験の内容を解説する部分の“clubs suit”“suit color”という語句の意味でつまずいた。

一瞬、蛍光色のスーツでクラブで踊っている人の像が頭に浮かんだが、んなわけないしな、と読み進めると、その後“hearts suit”という語句が。

ここで、“playing card”は日本で言う「トランプ」という意味があったな、ということを思い出し。

スポンサードリンク

もしや、“clubs suit”はトランプのクラブ一式という意味では?ということで調べてみたところ、WikiにSuit (cards)(英語)という項目があった。

一部引用させてもらうと、

In playing cards, a suit is one of several categories into which the cards of a deck are divided. Most often, each card bears one of several pips (symbols) showing to which suit it belongs

ということなので、“clubs suit”はトランプの「クラブ」、“suit color”は、クラブとスペードは黒、ハートとダイヤは赤という属性ごとの色という意味で間違いないだろう。正確な訳出はできないけど。ちなみに、cards of a deckは1組のカードという意味。

今日覚えた英単語・英熟語

仮定とか前提とか認知とか解釈とか予想とか、この手の単語はほんとにややこしい。この機会に憶えてしまうことにしよう。

assume 仮定する、前提とする
objective 客観的な
presumption 推定、推測、仮定、確信、見込み
framework 枠組み、構想
assumption 思い込み、仮定、前提
phlogiston フロギストン(燃素)
invalidate が間違っていることを示す
adoption 採用
composed of から成る
element 元素
conceive 思い付く
building block 基礎的要素
all-encompassing 包括的な
instance 過程
perception 認知
interpretation 解釈
preconception 予想
stem from から生じる
unequivocally (あいまいにせず)はっきりと
misapply 誤用する
mob psychology 群集心理

引用:1級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会にて公開された2016年度第3回の問題

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ