スポンサードリンク

どらやきのイラストの描き方—もうすぐ4月4日はどら焼きの日

どらやきのイラスト

もうすぐ4月4日「どらやきの日」ということで、どら焼きのイラストを描いた。描き方が分かるパーツ分解図とともにご紹介。

どらやきのイラスト#1は丸ごとのどらやき。

どらやきのイラスト#1

#2は半分にカットして断面を見せたもの。

どらやきのイラスト#1

ともに素材屋小秋の「どらやきのイラスト」のページにアップしてます。商用も無料。お持ち帰りの上、チラシや和菓子に関するコンテンツのワンポイントとしてご利用を。

どらやきのイラスト|素材屋小秋

分解図はこのように。皮(カステラ?)はこんがり焼けた部分と白っぽい部分に分かれるので、線画と色のパーツを別にし、さらに色のパーツを二つに分けた。

どらやきのイラスト分解図1

イラストの分解図。あんこのパーツは、皮の断面のパーツの上に乗っかっている。餡の色は、暗い赤色のグラデーション。

どらやきのイラストとあんこの色

ところで、この時期にどらやきのイラストを描いたのは、冒頭でちらっと触れたが4月4日が「どら焼きの日(どらやきの日)」なので。

どら焼きの日の由来は、

  • 4月4日は4と4を合わせて「しあわせの日」。どらやきを食べてみんなに幸せになってほしいという願いをこめて
  • 3月3日(桃の節句)と5月5日(端午の節句)にはさまれた4月4日は、女の子にも男の子にも愛されるどらやきのあんこをイメージさせる
  • ということらしい。かなり強引な気もするが、エイプリルフールとかじゃないです。どらやきの生産量世界ナンバー1というお菓子屋さん丸京製菓が提唱し、日本記念日協会の認定も受けている記念日なんだそうで。

    スポンサードリンク

    みなさん、4月4日が「どら焼きの日(どらやきの日)」だということをご存じですか?
    (中略)
    4月4日は、しあわせ(4合わせ)の日。ふんわり優しく、甘くて美味しい「どら焼き(どらやき)」を食べれば、自然とまぁるい笑顔が生まれます。「どら焼き(どらやき)」は、しあわせを運ぶお菓子なんです。4月4日は、みんな一緒にしあわせになれる「どらやきの日」です。
    4月4日は「どらやきの日」どらやきを食べてみんなでしあわせになろう! | 菓子庵 丸京 (丸京製菓株式会社) – どら焼き(どらやき)生産量 世界No.1

    ちょっと色々あって数日前から糖質制限中なのだが、食べたくなってきた。どうしよう。

    今月の人気記事

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ