スポンサードリンク

Num Lockキーを物理的に無効にする方法

eyecatch

ディクテーションやサイトラをする際に、愛用のノートPCであるDell Inspiron15を使っているのだが、非常にストレスを感じることがある。

数字の入力にはテンキーを使っているのだが、いつの間にか「7」の上、「Back Space」の右にある「Num Lock」キーを押してしまい、テンキーが無効になってしまうのだ。入力したはずの数字が入っていないことに少しの後気が付くというのは、かなりストレスである。

Num Lockキー

しかし、Num Lockキーを無効化する方法を調べても、「Num Lock Lock」「Keyboard Disabler」などのソフトをインストールしろだの、BIOSで設定しろとかレジストリ修正しろだの、PCに詳しくない私にとっては恐怖でしかないアドバイスしか得られず、あきらめていた。

要はブラインドタッチが正確にできるようになればいいのだろうと。

が、きょう、英検1級過去問2014年度第2回のリーディングPart2“A New Kind of Nuclear Problem”のサイトラ訳を打ち込んでいて、キレた。いっこうに「Num Lock」を誤打する頻度が減らず、数字の空打ちが多発したからだ。

そこで、改めてNum Lockキーを無効化する方法を調べにかかったところ、「Num Lock」キーを物理的に外してしまったという猛者を発見。

無用なNumLockキーをはずしたら仕事がめちゃくちゃ快適になった – ばんくもっしゅ

スポンサードリンク

これがヒントになった。キーを外すのは怖いが、「Num Lock」キーを物理的に無効にしてしまえばいいのだ。例えば、何か薄くて硬いものを「Num Lock」キーとキーボード本体の隙間に差し込んでみたらどうだろう?

やってみた。これでもう「Num Lock」が押せない。無効化成功!Yeah!!

Num Lockキー無効化

使用したのは、ユニクロのショーツが入ってた袋の、上の硬い部分。これを細く切り取って、「Num Lock」キーの上下に噛ませる。

ユニクロショーツの袋

その後、次の問題のサイトラに移ったのだが、一度もテンキーが無効にならず、めちゃくちゃ快適だった。

見た目は不細工だし、長期的な安全性は保障できないので(温度とか)、つど着脱する必要はあると思う。面倒っちゃあ面倒だが、そのぐらいの手間はかける価値はあるかと。

なお、ユニクロのパンツの袋がなければ、使用済みのプリペイドカードや、錠剤の入れ物のアルミの部分でもよさげ。こっちのが見た目にもいいかな。

錠剤容器のアルミ部分

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ