スポンサードリンク

日経MJ掲載の働くママが5時に帰るコツ「定時退社のための8か条」がひどい

eyecatch

2月10日付の日経MJに「働くママのスムーズ仕事術」として掲載されていた記事で、「定時退社のための8か条」として、保育園のお迎えのために、定時に帰るためのコツがまとめられていた。

しかしこれ、私が日頃、契約社員という立場から正社員の皆さんのお仕事の様子を見る限り、これ、実践するにはハードルが高いような気がするのだが、いかがなもんだろうか。引用してみよう。

夕方5時に帰るためには…

  1. 締め切りはデッドラインの1日前に設定
  2. 相手にとってのメリットデメリットを伝える
  3. 上司を巻き込む
  4. 退社間際のムチャぶり仕事は代案で乗り切る
  5. 作業系の仕事は「仕組み化」する
  6. 仕事を断捨離する
  7. 月に一回、職場にお菓子を配る
  8. 管理職になる

(2015年2月10日付 日経MJより引用)

1の「締め切りはデッドラインの1日前に設定」の趣旨は、子供はいつ熱を出すか分からないので、余裕を持ったスケジューリングをしよう、しかしあまり早めに締切を設定すると印象が悪くなるので1日前が妥当、というものだ。しかし、実際の締切を知る同僚からすると、何日前だろうが、早めに設定された段階で印象が悪いと思う。

そして2「相手にとってのメリットデメリットを伝える」は、仕事仲間にスケジュールを守ることを要求する際に、「自分がお迎えに行かなければならないから」という理由をつけてはダメ、ということ。まあ、これ自体は妥当だ。

だが、「相手にとってのメリット」の具体例が書かれていないので、空疎に響く。いざとなったら残業すりゃええやん、と思っている人にとって、スケジュール通り行動するメリットはあまりないと思うのだ。

3「上司を巻き込む」は、約束事は口頭だけではなくメール化し、「CC」に上司を入れておこうというもの。これ自体は、常識的な話。しかし、今までそういう習慣がなかった職場だと、角が立つだろうな。

4「退社間際のムチャぶり仕事は代案で乗り切る」は、定時が迫った段階で上司に仕事を振られたら、「お迎えがあるので」と断った上で「明日の昼まで時間を下さい」など代案を出し、やる気を示そうというものだ。しかし、事情が分かった上で退社間際にムチャぶりをするような上司だ。部下から代案なんか出されたらキレるんじゃないか。

スポンサードリンク

5「仕事の仕組化」6「仕事を断捨離」は、自分だけで完結する話ならいいけれども、

もし誰も目を通していない書類があったら、思い切ってやめてしまいましょう。万が一、断捨離後に「あれどうなった?」と聞かれたら、それは必要な仕事だったということなので、すみやかに復活すればOKです。
(引用同上)

これは強烈にまずいんでないか。傍から見れば、早く帰りたいがために仕事をサボったという印象しかないだろう。

7「月に一回、職場にお菓子を配る」も、さりげなくやる分にはありかもしれない。オフィスでお菓子をくれる人は、天使に見えることがある。しかし、

「ありがとう」なんて書かれた付箋を貼ってお菓子を配れば、気づかないうちに礼を欠いてしまったことも「仕方ないか」と許してくれそうです。
(引用同上)

これはないわー。許してくれるどころか、

「菓子ごときで失点回復?しかも「ありがとう」ってなんで上から目線?」

と言われる。言われなくても思われる。付箋はやめとけ。そして最後、8「管理職になる」なんだけど、管理職って自分の意思ひとつでなれるもんなの?

ということで、この働くママのための「定時退社のための8か条」。人間関係を円滑にするための努力をし、仕事を効率化しようという大枠には賛成だが、細部が現実的でなかったり、むしろ人間関係を悪化させる元になったりするような気がする。実践はおすすめしない。

思うに、チームを組んで、残業ありきで仕事をする職場の場合、定刻に上がりつつ、育休以前と同じ人間関係を保つのは難しいだろうな。職能や人間的な理由で、三顧の礼をもって迎えられるような存在なら別だが、多くは

  • ギスギスしつつ定時退社を強行突破
  • お迎えは親族や第三者に任せて以前と同じく残業
  • 残業無しがデフォの勤務形態に変更

のどれかになるんじゃないだろうか。まあ、二重取りはないということを念頭に置いておくと、無駄に傷ついたり消耗したりしないんじゃないかと。

もちろん、定時退社のために気を遣ったり、言い訳したりしなければならない会社の方がおかしいと、私も思う。しかし、定時退社を許さない派の圧力は相当強いようだ。「定時退社」の複合検索ワードを調べてみたら、「ありえない」「甘え」「うらやましい」など呪詛の言葉が渦巻いていてビビった。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ