スポンサードリンク

和食離れって本当なの?「親が作ってくれた料理」アンケートに見る2015年のお袋の味

手作り餃子
photo credit: 自宅で手作り餃子 via photopin (license)

子供の頃に印象に残った料理を、20代~60代の1000人に聞いてみたところ、60代以外では「洋食派」が多数を占めたという。また、「親が作ってくれた料理」の1位は「空揚げ」、2位「カレーライス」、3位「肉ジャガ」とのこと。

その他、家庭料理に関するいくつかのデータを日経MJ 10月19日号が「お袋の味、和から洋へ」という見出しの記事にまとめていた。特に興味深い部分を拾って紹介してみる。

まず、このアンケートの「洋食派」というのは、質問者が、身近な料理をざっくりと四つのグループに分けたうちのひとつ。パスタ、シチュー、ハンバーグなどを表す。他の三つは、しょうゆ味の煮物などの「和食派」、料理全般を指す「充実派」、特に印象に残っている料理がない「無縁派」。

グループ名の階層構造が整ってないのが気持ちが悪いけど、まあそれはさておき、中華やエスニックが印象に残っている場合は、「充実派」ってことになるんだろうか?例えば、こちらのお宅とか。手前はビーフンとエビマヨと思われるが、強烈においしそうね。

紙面に掲載されていた20代から60代の世代別のグラフを見ると、「洋食派」「充実派」が最も多かったのが30代。「無縁派」が最も少ないのも、この世代の特徴で、30代には子供時代の食卓が印象的だった人が多い?

逆に「無縁派」が最も多かったのが20代。紙面では「子供たちの食育が課題となりそう」との指摘がなされているが、この結果をもって20代は食に無関心とは言えないんでないか。まんべんなく印象的で、どれか一つ挙げろと言われても困るという話なのかもしれないし、親との食事がまだ現在進行形で、「子供の頃」と言われてもピンと来ないだけかもしれない。

また、「和食派」が最も多いのは60代。55.5%と過半数を占める。和食派の割合は、世代が10歳若くなる度に半減していて、20代ではわずか数パーセントに。この結果だけを見ると、家庭料理としての和食は、危機的状況に見える。

しかし、「親が作ってくれた料理」ランキングを見ると、1位「空揚げ」2位「カレーライス」に続いて、3位に「肉ジャガ」、4位「すき焼き」、5位「ちらしずし」、その他10位以内に「きんぴらごぼう」「茶碗蒸し」「おでん」などの和食が名を連ねている。

「おふくろの味」代表のイメージがある肉じゃが。今でも健在らしい。

このランキング、正確には「親が『あなたが好きな料理だから』という理由で過去1年間に作ってくれた料理」という質問で得られた回答によるもの。

この設問だと、50代以上では、親が高齢、もしくはもういないなどの理由で回答できない人も多いんじゃなかろうか。とすると、この結果には、比較的若い世代の意見が反映されている可能性がある。和食の未来もそう悲観したもんではないのかもしれない。

スポンサードリンク

ちなみに、私は40代で、親は健在だと思うがかれこれ8年会ってない。なので、このアンケートには答えられないが、質問を「好きだった親の料理」と変えるなら、「餃子」と答えるだろう。

餃子

Gyoza (Pot Stickers) via photopin (license)

実家の餃子は、中身がごろっと固めで、皮はあんまりカリッと焼けてなくて脂っぽかったけど、当時は美味しいと思った。結婚して、実家を出てからも懐かしいと思うことはあったが、肉ぎっしりでコストがかさみそうなので、再現を試みたことはない。

そういえば、母が作った料理でおいしかったのは、餃子の他には揚げしゅうまいとか、牛肉たっぷりのコロッケとか、肉団子のスープとか、丸あじを揚げたのの餡かけとか、手間とコストがかかるものが多く、金欠共働きの家庭では、再現が難しいものばかりだ。

しかも、結婚後ほどなくして私がいわゆる「メシマズ」であることが判明し、亭主に厨房を明け渡したこともあるし、私の実家筋の「お袋の味」は、弟妹のところはどうか知らんが、私のルートでは絶えるのだろう。

まあ、そもそも再現しようと思ってできるのかどうかも怪しいところだけど。母とは一緒に台所に立つことがあったとはいえ、私はひたすら包むとか、衣つけるとか、盛り付けるとか、補助作業的なパートを任されることが多かったので。

結果、味付けとか段取りとか火加減とか、料理の要と言えるスキルが身に付かなかったわけだが、今思えば、正直母もそこらへん微妙だったので、仕方がないのかなあという気がする。

メシマズを自覚したときのエピソードを書いた記事はこちら↓

メシマズ嫁の奥さんから平和な食卓を取り戻すための3つの攻略ポイント

書籍化されてたんだな…。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ