スポンサードリンク

断酒して10日が経過。空腹で甘いものが食べたいときの対策は?

シリアルブラン抹茶

断酒して10日間が過ぎた3月14日の感想。離脱症状なのか何なのかよく分からない頭痛と、変な発汗はなくなった。相変わらず目覚めはすっきりしないが、飲んでいた頃のようなどんより感はない。あと、顔色がちょっと明るくなってきた気がする。ひとつ山を乗り越えたのかもしれない。

ちなみに、断酒3日目~7日目のレポート↓

断酒したら頭痛がひどい。これってアルコール離脱症状?

断酒のデメリット?とにかく腹が減るようになった

デメリットといえば、とにかくお腹がすくことだ。

まず、晩酌時。お酒の代わりにノンアルビール、炭酸水、麦茶を飲んでいるのだが、これらの飲料は、お腹にアルコール飲料のような満足感をもたらさない気がする。なんというかスカスカ。

ちなみに、期待していたキリンの「零ICHI」(ビールタイプのノンアルコール飲料)でもやっぱりスカスカ感がある。美味しいのは美味しいんだが。

なので、それを埋めるべく、水分の摂取量も食べる量も以前より増えた。結果、飲酒していた頃と同じぐらいの時間飲み食いしていると、お腹がいっぱいで苦しくなってしまう。

この感覚はとても苦痛なので、現在対策を考え中。

とにかく甘いものが食べたいときの対策は?

そして昼間。仕事をしている間の空腹感が尋常ではない。

いや、お酒を飲んでいた頃から、朝食昼食をしっかり食べようと10時3時にはお腹が空くという傾向にはあったが、断酒後は間食として摂りたい食べ物が違う。以前は、どちらかというと塩気のあるものが食べたかったのだが、今はとにかく甘いもの!だ。

対策としては、ノンシュガーのコーヒー飴やココア飴を持ち歩いているが、これは結構効果的。ただ、飴による満足感は、そう長く持続しない。気を付けないと、あっという間に1袋ぐらい舐め尽くしてしまう勢い。

スポンサードリンク

そこで、数個だけ持ち歩くようにしたところ、足りなくてついつい小袋入りのチョコレートを買ってしまい、30分ぐらいで半袋以上食べてしまった。これはいかん。酒はやめても砂糖中毒になってしまったら、それはそれで健康を害するだろう。

そこで、昨日は比較的体によさげな菓子を買ってみた。マツキヨでたまたま見つけた「シリアルブラン 角切りチョコ 宇治抹茶」。ヘルシークラブというブランドの栄養機能食品(Ca、Fe)だ。1袋に個装のクッキーが5袋入で、108円だった。

シリアルブラン抹茶

これが、正解。抹茶の味がかなり濃くて、おいしい。チョコレート欲も満たせる。これでカルシウムと鉄分も補給できるとしたら、言うことなしだ。

シリアルブラン抹茶

1個あたりのカロリーは45kcal。そして「1日あたり2枚を目安にお召し上がりください」という注意書きがあるので、これが食べ過ぎの抑止力となりそう。

シリアルブラン抹茶のカロリー

前述の小袋チョコレートやブラックサンダーを衝動買いしないためにも、上手に活用していきたいと思う。いやしかし、アルコール欲を押さえたら甘いもの欲が噴出って、ほんと厄介だな。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ