スポンサードリンク

念願の900超達成!TOEICのスコアが890点から925点にアップするまでの英語勉強法

TOEICのスコアが前回の890から35点アップして925点に。念願の900点突破までの勉強法を語ってみる。

昨年、2015年12月13日に実施された第206回TOEIC公開テストを受験した感想を綴った記事に、こう書いた。

さて、これまでのスコアは830→875→890→890と推移していて、とりあえず900超えたら最後にしようと思ってるんだけど、今回はどうだろう。これまで受けた中で、確信持って答えられた問題が最も多かったので、期待してるんだけど。
第206回TOEIC公開テストを受験した感想

年開けて1月5日。Webで確認したところ、結果が出ていた。リスニング475点リーディング450点の925点

TOEIC925

前回(2015年4月の第199回)受験時より35点アップでついに900点突破。目標を達成したので、ひとまずTOEICは卒業だ。「新新TOEIC(※1)」前の滑り込み成功である。ふうやれやれ。

ということで、今日はTOEIC890点から925点に至るまでの英語勉強法をまとめてみることにする。

とにかくディクテーション

公式問題集6冊分のリスニングパート(Part1~4)の音声をディクテーション(聴き書き、というかタイピング)した。その際に気をつけたのは、可能な限り長いかたまり、できれば1文聴いてから音声を止めて書くこと。書くときに冠詞とか語順、時制とかを考えるので、文法の勉強にもなったと思う。

公式問題集が終わった後は、韓国のTOEIC問題集の音声をダウンロードして、それを素材にディクテーションしてた。本は持ってないので、正確に聴き取れたかどうかは不明だ。しかし、同じ手法で勉強していた亭主の聴き取り文と照らし合わせたところ、大きく間違ってはいない気がする。

ETS TOEIC 公式実践書 LC+RC 1000の音声ダウンロードページ

TOEIC定期試験既出問題集(LC+RC 1200)の音声ダウンロードページ

日本語訳を見ながら英作文

ディクテーションが一通り終わってしまった後は、公式問題集の日本語訳を見ながら英作文をしてみた。何度も聴いたり読んだり買いたりした英文なのに、あまりに再現性が低くて、我ながら笑った。

ここでの素材は、リスニングパートとリーディングパートのPart5。長文のPart6と7にも挑戦してみたが、心が折れたのでやめた。

『一億人の英文法』アプリを投入

書籍版を通読した後、アプリが発売されたのを知って購入。

『一億人の英文法』CDブック買うの待った!いつの間にかアプリが出てる件|カラフルしている(・w・)/

アプリについての詳細は、上のリンク先をご覧いただきたいのだが、「確認テスト」がタップで語順を並べ替える方式になっていて、ゲーム感覚で楽しめる。一時期は、電車の中でこればっかりやっていた。

一億人の英文法アプリ

『スマート990』で語彙を増強

どうも語彙が貧弱だなあということで、ジャパンタイムズから出てる『TOEIC TEST英単語スマート990』をマスターした。当初は書籍版を使っていたが、習熟度を確認するために、アプリ版に移行。

https://itunes.apple.com/jp/app/toeic-test-ying-dan-yusumatolevel/id668530597?mt=8

このアプリ、有料(2016年1月6日現在890円。買った時も確かそのぐらいだった)の割には使えんなーと思い、当初は放置していた。「スマート学習」という機能があるのだが、何回か試してみても書籍版の1ページ目の単語から出題され、全然スマートじゃないじゃん、ということで。

しかし、そこをぐっとこらえて、何度もトライしているうちに、他の単語も出題されるようになり、一度最後までクリアすると、全ての単語がランダムに表示されるようになる。

スマート990 英単語アプリ

なお、このスマート990もディクテーションの素材にした。やっぱり書くと定着度が違う。

しゃべれなくても900点は突破できる

ということで、以上、2015年4月にTOEICのスコア890を取得してから、今回、925点を達成するまでの間に実践した学習内容をまとめてみた。

ディクテーションは、890を取る以前から着手していたのだが、他は昨年の4月以降に始めたことばかりなので、それらのどこかに900突破のヒントが隠れているのかもしれない。

なお、スピーキングの練習は、一切していない

リスニングのために、ある程度英語音声を真似てシャドーイング、音読ができるぐらいの発音や音の連結・脱落の感覚を身に付けている必要はあると思う。

しかし、TOEIC公開テストでは、自ら発信する能力は問われないのだ。なので、とりあえず900点を獲得するのが最優先という人は、スピーキングの練習はとりあえず置いといていいんじゃないかと。特に、スカイプ英会話や英会話学校でのフリートークは、スコアアップに貢献しないどころか、時間食うだけ有害じゃないかという気がする。

※1)2016年5月より実施される新しい出題形式の公開テストの通称。会話問題の話者が3人になったり、長文問題のパッセージが3つになったりするらしい。

スポンサードリンク

今月の人気記事