スポンサードリンク

英検準1級の2次質問№1(イラストに関連した質問)対策

eyecatch

さー、英検準1級の2次試験まであと1週間。今日は質問№1(イラストに関連した質問)の対策について。面接委員から「問題カード」が渡され、それに印刷されている4コマのイラストのナレーションを終えた後の、最初の質問だ。

英検準1級2次(面接試験)のNo.1「イラストに関連した質問」とは?

質問の形式は、決まっている。

Please look at the (fourth) picture. If you were (the woman), what would you be thinking?

( )の部分は変わるが、あとは毎度同じである模様。コマの番号とそこに描かれている人物指定され、「もしあなたがその人だとしたら、どう考えているだろうか」という質問だ。

まず、質問で指定されるコマ番号だが、予想問題集『14日でできる! 英検準1級 二次試験・面接 完全予想問題』を見たところ、「fourth(4番目)」が圧倒的に多い。同問題集には、サンプルを含め15問が収録されているが、うち二つだけが「second(2番目)」で、残りはfourthだった。

そして、指定される人物は、15問中8問がストーリーの主人公、というか1コマ目から登場し、主要な役割を果たすキャラ。約半分だ。

主役でない場合は、その家族であったり、電車でたまたま乗り合わせた赤の他人だったり、ビラを受け取っている通行人であったりと様々。集団の中に、小さく描かれているだけの人が指定されることもあり得るようなので、気が抜けない。

スポンサードリンク

ちなみに、私が最も難易度が高いと思ったのは、同問題集Day11の老人ホームのボランティア訪問のエピソードだった。質問No.1で指定されたコマには、十数人が描かれており、ターゲットの人物は「the old woman wearing glasses」。

眼鏡をかけた人物は二人描かれていて、ひとりは主人公の中年の女性教師(のび太のママ似)で、もうひとりは入居者の老人なのだが、この老人が、髪が短くておじいちゃんにも見える。本番では、こういう分かりにくい問題カードに当たらないことを願う。

質問№1への解答は「I’d be~」で始めよう

さて、こういった質問№1には、どう解答すればよいのだろうか。解答例を見ると、いくつかパターンがあるようだ。

まず、予想問題集で最も多い解答は、「I’d be thinking that~」で始まるもの。29例の解答が掲載されているが、うち11がこのパターン。

一例を引用してみよう。家でゲームざんまいの子どもたちを外で遊ばせたいが、近所の公園はボール遊び禁止。子らは外に出かけはするものの、結局公園のベンチでゲームをしている、というシチュエーションで、あなたが母親だったら何を考えているだろうか?という質問に対する回答例だ。

I’d be thinking that it’d be better if they were running around and using some energy, but at least they’re outside in the fresh air here.

うーむ難しい。that以降の時制がとっさに分からない。ということで、私はこのパターンは採用しないことに決めた。模範解答で続いて多いパターンである、直接話法の「I’d be thinking, “~”」を採用して、

I’d be thinking, “It’s better if they were running~.”

というパターンにしようと考えている。余裕があったら、” ”の中は、ちょっと声音を変えたり演技をしてみたりして。

その他の解答パターンとしては、こんなのがあった。

I’d be feeling sorry for~
I’d be happy for now, but~
I’d be admiring~
I’d be feeling happy that~
Most of all, I’d be hoping that~

いずれにしろ、「what would you be thinking?」に対する返答としては、「I’d be~」と始めるのが鉄板のようだ。

一言では言えない、いきなり本音は言いにくい場合に便利な表現は?

唯一、変則的かつ便利そうなのは、次のフレーズ。

I’d have mixed feelings.

「そんなこと急に聞かれても、一言では答えられないわよね~」「いきなり本音はいいにくいわよね~」という案件に使えそうだ。

例えば、こんな感じ。残業続きで家族と一緒の時間が取れないサラリーマンが、会社のポリシー変更により、午後7時には家で夕食をとれるようになった、というシチュエーションで、あなたがその男性の奥さんだったら何を考えているだろうか?という質問に対する回答例。

I’d have mixed feelings.I’d be happy that my husband was home early, but I’d be worried if it meant he would earn less money making our lives more difficult than before.

おそらく奥さんが本当に言いたいのは、but以降だったりするのだろうな~と考えると切ない。ということで、今日は英検準1級2次試験の、質問№1(イラストに関連した質問)の攻略法について。質問はNo.4まであるが、2~4の攻略法は明日以降にまた。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ