スポンサードリンク

色彩検定1級2次!2013年度受験者がさらす極私的解答速報 2/3

色彩検定1級2次、極私的解答速報の第二弾にまいります!問題(3)はファッション色彩についての問題でした。今日は、試験会場でこの問題を解いた際の実況と、個人的な解答の再現をお届けしたいと思います。

問題(1)(2)については、昨日の記事をご参照ください↓
色彩検定1級2次!2013年度受験者がさらす極私的解答速報 1/3

問題(3)を解いてみる

問題(3)には、1級テキスト124ページ「アパレルの商品色彩の事例」から「エレガント・ロック」のディレクションボードが使われていました。ただ、カラーパレットの色がテキストとは違いましたし、代表的な素材として「再生繊維」が挙げられていたところもテキストとは異なります。しっかり暗記していた人ほど混乱したかも。

カラーカードの切り貼り問題は、これを他のシーズン用に配色替えしなさい、というものだったのですが、上記のカラーパレットとは関係ありませんでした(と、思います)。

(2)小問Bでは、JIS慣用色名「桜色」、小問Cでは、同じくJIS慣用色名の「バーミリオン」の近似PCCS値を、それぞれ選択肢から選ぶ(これ新傾向ですね)ことが要求され、あとは同一トーン、対照トーン、ダイアード、スプリットコンプリメンタリーなどの条件に従って、色を指定していくだけでした。

小問Cでvトーンの明度差を問われたのは痛かったです…奇数番号の色相の明度も、やはりきちんと押さえておくべきでした。そのへんの詰めが甘かったせいで、指定する色がなかなか絞り込めず。

しかし、時刻はすでに制限時間の半分まで経過しています。この時点で1枚もカラーカードを切り貼りしてないのはまずかろうと思い、ここで、思い切って切り貼りをすることにしました。問題(2)の切り貼りもまだやっていなかったので、併せてやることに。

そうそう、カラーカードですが、試験では、市販の「新配色カード199a」とほぼ同じものが配られます。「ほぼ同じ」というのは、対応マンセル値など付属資料がないだけの話。各カードの裏にはちゃんとPCCS値も書かれてます。

カードは持ち帰りOKなので、帰宅してから記念撮影。いっしょに写っているのは、やはり会場で配布される紙おしぼり。カードの糊づけで手が汚れるだろうからという配慮のようです。ちょっと和みました^^

色彩検定の新配色カードとおしぼり

さてさて、最終的に導き出した問題(3)の解答は、次のとおりです。

A)①グレイッシュ(カラーパレットの色がそういう色調だったのと、JAFCAの2013秋冬のテーマカラーに「グレイッシュカラー」というキーワードがあったのでおそらく。。)
 ②レーヨン

B)p14+(ジャケット)、p16+(ブラウス)、p2+(スカート)、p12+(スカーフ)
スカートが桜色の近似色、他の3アイテムはそれと同一トーンで、ジャケットがスカートとダイアードの関係、残る2アイテムはジャケットの類似色相で、ブラウスを青みに寄せるという条件が付いていたのでこうなりました。

C)b16、b12
アイテム名失念。スカートとスプリットコンプリメンタリーで、対照トーン、明清色の2アイテム、という条件だったと思います。

D)v3(ジャケット)、v16(ブラウス)、v16(スカート)、v14(スカーフ) 
ジャケットがバーミリオンの近似色、残る3アイテムは同一トーンで補色色相配色、うちスカーフの明度を高くするという条件でした。v15の明度が分からなかったので、スカーフをv14にしてブラウスとスカートをともにv16にしちゃったんですが、まずかったかな…

以上、2013年度色彩検定1級2次の問題(3)を解く際の実況と、個人的な解答の再現でした。思いのほか、長くなってしまいましたので、最後の問題(4)はまた明日

スポンサードリンク

今月の人気記事