スポンサードリンク

難度高し!TEDトーク“What will you tell your daughters about 2016?”で泣いた件

eyecatch

今日は久々に早起きして時間が取れたので、TEDの音声のディクテーションに挑戦したのだが、かなり難度高かった。お題は、Chinaka Hodge氏の“What will you tell your daughters about 2016?”。

TEDのサイトで収録時間6分以下の動画を表示させると、このトークが上の方に出ていたので、何となく着手したのだが、どうもこれまでに聴いたTEDの講演と何かが違う。レクチャーというより詩の朗読みたいな雰囲気。しかも語彙が難しい。比喩表現も満載であるようだ。

でもこれは、掴みだよね?そのうち、「さて」と本題に入るんだよね、と思いつつ聞いているうちに、1分が過ぎ2分が過ぎ…結局、終始同じ調子でスピーチは終了。

困った。女性たちに向けた力強いメッセージであることは分かったが、話の流れがほとんど分からない。さらに困ったことには、スクリプトを見てもぼんやりとしか意味が取れない。文学的表現難しい。よし、こうなったら日本語訳で確認だ!と思ったらサブタイトルにJAPANESEなかった。泣いた。

さて、Chinaka Hodge氏の“What will you tell your daughters about 2016?”のTED講演のテーマは何だったのか。手掛かりになるかもしれないのは、こちら。“waterlogged facsimiles”の意味を調べていてたどり着いた質問スレッドだ。

TEDも見てみましたが、このトークいたるところに比喩を入れていて難しいですね。全体的には2016年と言う女性の戦いに取って記録に残る年について、娘達にどう伝えていくのかと言うような話で、恐らくは、女性軽視でレイシストのドナルド・トランプ、それに対する戦い、ヒラリー・クリントンの敗北、これから、そんなようなテーマと思います。

スポンサードリンク

@nifty 教えて広場 – We woke needing coffee

こんなことまで考察できる人が、このトークは難しいと言っている。ちょっと安心した。

なお、“waterlogged facsimiles”は、直訳すると「行き詰ったFAX」だが、この回答者は、いろんな人からひっきりなしにメッセージが届いて混乱している様子の比喩と解したようだ。

そして、今日わからなかったその他の単語熟語。大漁すぎる。並の難易度のTEDトークでは物足りないという方は、ぜひチャレンジを。

cadaver 死体
strewn まき散らされた
folds 折り目
dodge 身をかわす、はぐらかす
cower すくむ、縮こまる
wipe one’s eyes 涙を拭く
lace 編む、結ぶ
casket 宝石箱、棺桶
caterwaul 激しくいがみ合う
barrel down 突っ走る
duck かわす、避ける
parry 受け流す
running mate 副大統領(知事)候補
impeccable 申し分のない
trinket つまらない物、アクセサリー
off-brand ノーブランドの
docile 従順な
teeterよろよろ歩く、瀬戸際にある
voraciously 貪欲に
fathom 推測する、探る
probing 厳密な
fearful 恐ろしい、怯えている
fearsome 恐ろしい、臆病な
clutch つかむこと
rouse 目覚める
sup on~を夕食として食べる
squalor みすぼらしさ、浅ましさ
epithet 悪口、あだ名
dagger 短剣
fling ~ back ~を投げ返す
crooked ゆがんだ、ねじれた
odds 勝ち目、配分、差異

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ