スポンサードリンク

48歳の誕生日直前に基本情報技術者試験を受けた結果(平成30年度秋期)

基本情報技術者試験 持ち物

10月21日、平成30年度秋期の基本情報技術者試験を受験しました。会場は、関西学院大学。TOEICや英検の受験などで何度かお邪魔したことのある学校ですが、いつ見てもきれいなキャンパスです。

関西学院大学

この記事では、文系、非IT系中年である私が、受験を思い立ってから9ヵ月後に、基本情報技術者試験当日をどう迎えたかを書いてみたいと思います。ちなみにこの日は、48歳の誕生日の4日前でした。

fe-20181021-1

私が基本情報技術者試験を受けた理由

基本情報技術者試験は、経済産業大臣が行う情報処理技術者試験(国家試験)の一区分です。IT業界に入ろうとする人が最低限取得しておきたい資格と言われており、「ITエンジニアの登竜門」と表現されることも。

IT業界以外の人には知名度が高くないようで、「こんど受けるんですよ」と言っても「?」という顔をされることがほとんどでしたが、そんな時は「昔あったシスアドがですね、制度が色々変わりまして」などと言うと、「ああシスアドね」と納得してくれました。

厳密に言うと、基本情報はシステムアドミニストレータの後継ではないのですが、話せば長くなるのでそこはまあざっくりと。

私自身も、非IT系の人間です。基本情報技術者試験のことは、昨年末ぐらいまで知りませんでした。

そんな私が受験を思い立ったのは、今後何をして食べていくにしても、情報系の知識はあって困るものではないだろうから、という理由です。自分で本を読んでもボーッとするだけだというのは、これまでの経験から明らかなので、資格を利用して勉強することにしたんですよね。

こうして、意気揚々と『キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者試験』の平成30年度版を手にしたのが、2018年1月。

そこから順調に勉強を重ね、そして10月、晴れて…と書きたかったんですけどね。ほんとに。

実際は、文系で、プログラミングどころか中学数学も怪しい人間にとって、基本情報技術者試験は、そんなに甘い試験ではありませんでした。このあたりの迷走っぷりは、また別の記事にする予定なので、ここでは、

  • 当初は春に受験するはずだったが、とても無理だった
  • 途中、何度か投げ出した

とだけ書いておきます。

スポンサードリンク

悩ましき午後問題の選択

さて、何だかんだで迎えた10月21日の受験当日の話に戻りますが、受験した会場は、若い人が多かったですねー。20代多し。私なんかは、付き添いのお母さんに見えたことでしょう。ちなみに男女比は7:3ぐらいでした。

当日の欠席者が多い試験だという話はどこかで聞いていたのですが、私にあてがわれた試験室は、8割以上埋まっていたという印象です。

試験時間は、午前と午後に分かれてまして、午前、午後とも150分ずつ。朝は9:10集合で、説明の後、試験開始は9時30分から。12時から13時までが昼休みで、解放されるのは15時30分の試験終了後、解答用紙の回収などがあって何だかんだで16時近くです。長丁場です。

問題の形式は、午前が、四択式の短答問題で全80問。

午後は、長文で示された課題を読んで解く問題で、問1~13から7問を選択します。

ただ、何でも7問選べばよいというのではなく、

  • 問1のセキュリティ問題と問8のアルゴリズム問題は必須
  • 問2~7のネットワーク、データベースなどの問題から4問を選択
  • 問9~13のプログラミング問題から1問を選択

という決まりになっていて、ある程度縛りがあるのですが、これが実に悩ましい。プログラミング問題は、「表計算」(Excelに似た仕様)と決めていたのですが、厄介なのが問2~7ですね。

じっくり検討する時間はないので、ある程度フィーリングで選んだのですが、選んだ問題で行き詰まると、選ばなかった隣の問題が易しそうに見えてきて「どうしよう、やりなおしか?」などと煩悶したり。

なんだか翻弄されっぱなしのうちに、あっという間に2時間半が過ぎてしまったという印象です。午前は、割と余裕で、計算問題にもじっくり時間をかけたりできたのですが、午後は、現場で「もうこれはだめかもな」と。負けを悟りつつ、会場を後にしたのでした。

基本情報技術者試験会場

試験会場となった関学の校舎

解答速報で自己採点した結果は?

実際、当日から翌日にかけて発表された解答速報を確認したところ、午前は8割近く正解していましたが、午後は正答数が半分以下でした。午前、午後それぞれ、合格基準は6割以上の正答です。

午後は各小問の配点が不明ですが、自分が正解したところだけ配点が高いなどという、そんな都合のよい話もなかろうと。

ということで、今回の試験勉強を通じて、コンピュータのしくみ、ネットワーク、データベース、セキュリティなどの知識は飛躍的に増えたのですが、基本情報技術者試験合格者の地位は、見送ることになりそうです。コンピューターおばちゃんへの道は険しいな。

ところで、以下は今後の試験を関西学院大学で受ける人のための情報ですが、正門前に昨年あたりまであったコンビニ(確かセブンイレブン)がなくなってますので、注意。

正門から左に向かって3分ほど歩いたところにローソンがありますが、けっこうな回り道になりますので、山を登る前に食材や飲み物を調達しておくことをおすすめします。

関学前ローソン

ちなみに、最寄りの阪急甲東園駅前には、ローソンとファミマがあります。画像は、ローソンで調達した当日のおやつ兼昼食です。
ユーラクのチョコケーキとソイジョイ

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ