スポンサードリンク

色彩検定1級持ちが解説!ジバニャンの配色がジャポン妖怪の鑑な件

ジバニャンの配色

仕事始め1日目の職場のおやつは「ベビースター妖怪ラーメン」だった。4連のベビースターラーメンの妖怪ウォッチ版。

妖怪ベビースターラーメン

ラーメン丸タイプなので、オフィスでもバッチリである。ちなみに「とことん!ひゃくれつチキン味」とのこと。特に百裂感はなかったか普通においしかった。

妖怪ウォッチベビースター

で、これだけでは何なので、今日はジバニャンの配色を考えてみたい。かねてから、まとまっているような、不安定なような、不思議な色使いだと思っていたのだ。

ジバニャン

主な色は、朱色、白、黄、紫、水色。

ジバニャンの配色

白を除いた色を色相環上に置いてみた。水色、黄、紫がきれいな三角形を形成し、そこに水色のほぼ補色にあたる朱色が入っている。

ジバニャンの色

なので、全体として見ると調和する配色と言えそうだ。また、水色と朱色という対照的な色の組み合わせは非常に目に心地よい。

なのに、ジバニャンの配色が時折不安定に見えるのは、ボディの朱色と腹巻の黄、また朱色と耳の内側の紫がそれぞれ「中差色相配色」にあたるからではないかと。

手前味噌だが、中差色相配色の解説はこちら。リンクをクリックすると、別サイトの「試験に出る色彩用語」に飛びます。

類似系でも対照系でもない色使いは、シュヴルールやムーン-スペンサーなど、「変化と統一」のバランスを重視する西洋の色彩調和論からすると、中途半端で不調和とされます。

中差色相配色の意味とは|試験に出る色彩用語

要は、中途半端に似ている色は、西洋的な色使いに慣れた人には気持ちが悪い、という話。

しかし、中差色相は日本では古来より使用されてきた配色。たとえば、平安時代の貴族の衣装などだ。

上記ページに掲載した画像の十二単が、ちょうど赤×黄だったので、こちらにも貼っておく。

十二単
photo credit: CarolienC via photopin cc

ということで、ジバニャンの配色は非常に日本的、言い方を変えればジャジャジャジャジャポンであったという話。

対比のために、こんど、メリケン妖怪のトムニャンの配色も分析してみたいと思う。

あ、そうそう妖怪ウォッチのベビースターラーメンは、昨年の末に近所のダイコクドラッグで買った。4連で、100円だった。

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ