スポンサードリンク

「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」(大阪会場)に行ってきた感想

妖怪展 大阪

大阪・あべのハルカス美術館で9月10日から開催中の「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」に行ってきたので、その感想を書く。混雑の度合いや、印象に残った作品、会場の雰囲気、そしてお目当ての妖怪ウォッチの展示の充実度は?

http://www.aham.jp/exhibition/future/youkai/images/pdf_ad_youkai.pdf

「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」の概要はこちら。

「百鬼夜行」に描かれた妖怪たちの姿は、一見すると無気味ながら、実に愛らしさにあふれています。本展では、古くから日本で愛されてきた妖怪の表現の展開を、縄文時代の遮光器土偶から、平安・鎌倉時代の六道絵、辟邪絵、中世の絵巻、江戸時代の浮世絵、そして現代の妖怪ウォッチまで、国宝・重文を含む一級の美術品で紹介します。

大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで | あべのハルカス美術館 より

私も亭主も極度の出不精で、兵庫県の片田舎から大阪・天王寺まで出向くのは、ちょっとした小旅行だ。なのでこれまで、ちょっと面白そうな展覧会があっても、それがハルカス美術館での開催であれば、見送ってきた。

しかし、今年に入り、世間から2年ほど遅れて我が家で大ブームの妖怪ウォッチがテーマのひとつとなると、話は別だ。開催3日目となる9月13日の朝イチ、さっそく行ってきましたさ。

平日を選んだのは、土日は混雑するだろうとの予想から。が、ハルカス美術館がある16階でエレベーターを降りたところ、爆音でしゃべりまくるアジア系外国人観光客の団体に遭遇。一瞬、「えっ、この人たちと一緒に見るの?」と絶望した。

しかし、程なくして、彼らは展望台(ハルカス300)へ向かう人々であることが判明。ハルカスの16階は、展望台への入口でもあるのだ。よかったよかった。ただ、この日は雨だったんだよね。あまり景色が楽しめなかったんじゃないかと思うと、気の毒だ。

さて、こちらが美術館。入口あたりに混雑の気配はなかった。

妖怪展 大阪

閲覧室に入っても人は少な目だった。1枚の絵の前に1組いるかいないかで、ほっと一安心。

いや、先日、神戸市立博物館で『ボストン美術館蔵 俺たちの国芳わたしの国貞』を観た時は、えらい目にあったからな。

国芳国貞展 神戸

前後にぎっしり人がいて、自分のペースで進めず。まあそれは仕方がないのだが、問題は、その前後の人間が、それぞれの連れとひっきりなしに何かしゃべってたことだ。それも役に立つような薀蓄ならいいんだが、

「これは版画やな」
「細かいなー」
「暫くーってか」

とか、もう言うことないなら黙ってればいいのに。

その点今回は、混雑具合からして、そんな拷問のような鑑賞体験はしなくてすみそうだと思った。しかし、甘かった。展示会場は一部の人々のステージと化していたのだ。

六道絵の血の池地獄を見て→「これは血の池地獄やな」
浮世絵版画の作品を見て→「細かいなー」
ユーモラスに描かれた物の怪や付喪神を見て→「わーかわいいよこれかわいいよー」

などということを語る人々。しかも大声で。はいはい、ディテールに気がつく私、かわいいの感覚が普通と違う私乙。それかあれか。人に愚にもつかないコメントをさせる妖怪でもいるのか。どうせなら、物知りのうんちく魔に憑りつかれてほしい。

しかもこの手の人々に限って、一つの絵の前に長くとどまり、先に進みやしない。そこで、私は順路に沿って鑑賞することをあきらめた。周囲に誰もいない作品までスキップし、コメンターが涌いているエリアは後回しにすることにしたのだ。幸い、続々と入場者が入ってくるわけではなかったので、それが可能だった。

おかげで、いくつか見逃した作品もあるような気はするが、伊藤若冲の付喪神図や、ガシャどくろじゃなくてがしゃどくろを始めとする国芳の作品、見ただけで呪われそうな幽霊画などは、誰にも邪魔されずに堪能することができた。

付喪神図 伊藤若冲

相馬の古内裏(一部) 歌川国芳

お岩さん、さらやしき 葛飾北斎

谷文一「灯台と幽霊」は、残念ながら10月12日からの展示だった。

最後の妖怪ウォッチエリアは、意外とがら空きで、ゆっくり見られたしね。まあ感想は、やや「ピンとこんなー」というものではあったが。メインのキャラクターの以外に紹介されていた妖怪が少なく、そのセレクトも疑問だった。(比較的最近登場の妖怪に偏ってる)。

等身大のジバニャンのフィギュアはかわいかったし、ジバニャン、ウィスパー、USAピョンのデザインのボツ案が見られたのは収穫だったけど、妖怪ウォッチ目的で見に行くと、肩透かしを食らうことになるかもしれない。

ジバニャンの原案、かわいくなさすぎてびっくりした。よくぞこの造形に落ち着いたものだ。逆に、ウィスパーはボツ案の方がかわいいのがおかしい。

ということで、以上、「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」大阪会場の感想。いろいろあったが、作品的には、かなり見ごたえがあった。

会場で配布されている出品リスト(目録)によると、10月半ばの展示替えでガラッと入れ替わるようなので、2回目もありかもしれない。またあの「細かいなー」を聞くのかと思うと躊躇するけど。

http://www.aham.jp/exhibition/future/youkai/images/pdf_lst_youkai.pdf

今月の人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ