スポンサードリンク

Amazonプライム会員限定「アマゾンパントリー」の取扱い商品やお得感は?

eyecatch

我が家がアマゾンプライム会員だったことを、最近初めて知った。いや先日、「プライム・ビデオ」試してみたいなー、でもプライム会員になるのハードル高いよねーと亭主に話したところ、いやすでに入会してるので普通に観られるよ、との話で。

聞けばここ数年、Amazonに何か注文したときの配達が速かったのは、プライムゆえであったという。

アマゾンプライムの特典はこちら。
Amazonプライム

いやー注文の翌日に、または即日で商品が到着するのは、デフォルトだとばっかり。Amazonすげーと思っていたのに、年会費3,900円払っていたからだったとは、何だか損した気がする。

などとモヤモヤしていたところ、Amazonプライム会員限定のサービスが、新たにまた一つ始まったことを、日経MJで知った。

Amazonパントリー。専用サイト上で日用品や食料品を選ぶと、一つの箱にまとめて送ってくれるサービスだ。せっかくプライム会員なのだから、有用なものであれば利用しない手はない。我が家で必要なものが対象商品となっているかどうか、調べてみることにした。

ただ、近所のスーパーやコンビニで買えるものを送料(専用段ボール1箱あたり290円)を払って買うのも何なので、気に入っているのに近所では見かけない商品に絞ることにする。

まず、普段行くスーパーでめっきり見なくなった歯磨き粉「ガードハロー」を探してみたところ、あった。しかも1個から買える!パントリー専用価格は97円。

ガードハロー スタンディングチューブ 165g

商品ページには、パントリーBOXの使用率が表示されるのだが、ガードハローの使用率は1.5%。この時点で注文するのも、ネタとして面白いかなあとも思ったが、これ1個を52×28×36センチの段ボール箱に入れて送ってもらうのは、いかにもエコに悪そうで申し訳ない。なので、もう少し何か探してみることにしよう。

ガードハローのAmazonパントリーBOX使用率

次に思いついたのが、亭主が料理に使用する粉末だしの素。ちまちまと小分けされている(8g×24袋とか)のではなく、大袋に入ったタイプが使い勝手がよいのだが、なかなか売っていないそうで。

Amazonパントリーで探してみたところ、ヤマキのだしの素の大袋入りがあった。300g×2袋でパントリー専用価格は537円。通常価格は864円なので、これはお買い得だ。

ヤマキ だしの素 大徳 600g

これとガードハローを足して、BOXの使用率は7.5%。まだスカスカである。せめて半分ぐらいは埋めたいよなーということで、次に探してみたのが、「麦とホップ」の黒。これ、おいしいんだけど、スーパーにもコンビニにもほとんど置いてない。

が、検索してみたところ、残念ながら麦とホップの黒はパントリー専用サイトにはなかった。上記リンクは普通のAmazonのページに飛んでます。パントリーで、他のビール6缶パックのBOX使用率を見たところ、18.5%とのことだったので、これを6缶パックで買えば、かなりスペースが埋められると思ったのだが残念。

さて、ここで他に何があるかなーと考えてみて、困惑した。何も欲しいものが思いつかないのだ。ボックスティッシュは買う習慣がないし、トイレットペーパー洗剤その他の衛生用品も、普段行く店で安いものが安定供給されている。

そこで、視点を変えてみた。近所でも手に入るけれども、買って帰るのはちと重い、という商品はどうだろう?例えば焼酎の1.8リットルパックだ。愛用の「麦小路」25度を探してみた。

甲乙混和 麦小路 25°/宝酒造 1.8L 1本

しかし、これもパントリー専用サイトには見当たらなかった。ちなみに、1800mlの紙パックの焼酎で、対象となっているのは、「黒霧島」「黒白波」などで、なんで芋ばっかりなの。麦焼酎では「いいちこ」が対象商品だけど、「麦小路」が900円台なのに対して、いいちこは約1500円。違いが分からないのに500円近くも余分に出すつもりはさらさらない。

ワインも同様で、Amazonパントリーで10月19日現在最も安価なのは、こちら。「王様の涙」468円。

王様の涙 赤 750ml

え?十分安いけど?と思うかもしれない。しかし、コープに行けば、370円(税込399円)で美味いチリワイン「ラデラ・ヴェルデ」が売られているので。

ラデラ・ヴェルデ

ちなみに、この「ラデラ・ヴェルデ」、パントリーでなければAmazonで買うこともできる。しかし6本まとめ売りの上、1本あたりに換算すると498円。コープは偉大だ。

ということで、ほぼ納得できる品ぞろえのスーパーが近所にあり、買い物に行く時間が確保できる我が家には、Amazonパントリーは必要ないのではないかというのが今のところの結論だ。

ただ、激務で仕事を終えて帰る時間にはコンビニぐらいしか空いておらず、かつ、お気に入りの銘柄がコンビニにはなくて困っている人にとっては、救世主になりうるかも。日経MJで読んだAmazonパントリーについての記事では、資生堂のスーパーマイルドシャンプーや、ブレンディのコーヒーなどを購入した例が紹介されていた。

コンビニのPBはいまいちだな…という人は、パントリーを利用するために、Amazonプライムの入会を検討してみるといいかもです。
 ↓
Amazonプライム

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ