スポンサードリンク

ユニクロがハナ・タジマとコラボしたムスリム女性向けファッションを発表

eyecatch

ヒジャブ

photo credit: It’s her (03) via photopin (license)※画像はイメージです

ユニクロが、ムスリムのファッションデザイナーで人気ブロガーのハナ・タジマさんとコラボした女性向けのブランド「LifeWear」を立ち上げました。

このコレクションには、長くてゆったりしたスカートや、足首まであるパンツ、また東南アジアの伝統的な衣装であるケバヤや、ムスリム女性が頭部を覆う布「ヒジャブ」が含まれるそう。ユニクロいわく、現代的なデザインと快適な素材と伝統的な価値観の融合なのだとか。

(参考記事:Uniqlo teams up with Muslim fashion designer to create ‘modest’ range with long flowing skirts and pants, and contemporary hijab designs| Daily Mail Online

こちらのユニクロのサイトで、ドレスやヒジャブなどの商品画像や、ハナ・タジマさん、広告モデルのユナさん(マレーシアの人気歌手)のインタビュー動画が見られます。

HANA TAJIMA FOR UNIQLO. – WOMEN | UNIQLO

http://www.uniqlo.com/my/hana-tajima/

ナチュラルな風合いの芥子色や青色のアイテムが目を惹きますね。ムスリム女性に好まれる色なのでしょうか。また、シルエットがゆったりしていたり、丈が長かったり、首元が詰まっていたりという特徴的なデザインは、イスラムの教義に沿ったものであるよう。

デザインを手がけたハナ・タジマさんのブログはこちら。イギリス生まれで日本にルーツを持つ彼女は、17歳のときにイスラム教に入ったそう。

http://hanatajima.com/

ヒジャブをまとった彼女のスタイリッシュな画像を見ていると、私も頭に何か巻きたくなってきました。非ムスリムの私が真似しても、失礼にあたらないかが気になるところですが…

「ムスリム女性の衣装おしゃれに」というタイトルでムスリムファッションの多様化を伝える7月12日発行の日経MJによると、

イスラム教の教えに沿い頭部や手足などを覆う女性向けファッションが東南アジアで進化している。ムスリム女性の社会進出が進み、所得が向上したことで教義を守りつつおしゃれを楽しもうとするニーズが増加。

トムソン・ロイターの調査によると、全世界のムスリムファッションの市場規模は2013年時点で2660億ドル(約32兆5千億円)。19年には2倍弱の4840億ドルに達する見込み

とのことですが、これまで、外資系大手アパレルがムスリム向け女性ブランドで成功した例はないそう。さて、ユニクロは、暑い気候にもってこいの生地「エアリズム」や、ハナ・タジマさんのデザインを武器に、初の成功事例となれますか。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ