スポンサードリンク

1%のアルコール飲料キリン「バタフライ」とサントリー「The O.N.E」を比較してみた

eyecatch

3月10日に発売されたキリンのアルコール1%のお酒「バタフライ」を三種類全て飲んでみたので、今日はその感想を。同じ日に発売になったサントリーの同じく1%のアルコール飲料「The O.N.E」との比較もしてみたいと思います。

キリンの1%「バタフライ」

キリン「バタフライ」のパッケージの印象と飲んでみた感想は?

「バタフライ」を最初に認知したのは、先週末。近所のセブンイレブンのお酒売り場でした。チューハイの棚でひときわ目立つほっそりした缶と、スタイリッシュなデザイン、大きく書かれた「1%」の文字。

普段、ちょっと飲みたいな、というときはアルコール度数3~4%のチューハイを買うことが多いのですが、面白そうだと思ったので、試してみることにしました。最初に飲んだのは、「ゆけ、ゆけ!ジンジャー」味。

キリンバタフライゆけゆけ!ジンジャー

ジンジャーなのに、グリーン系の濃淡のパッケージという点に違和感を覚えつつ、一口飲んでみた感想は「うーん…オロナミンCとかの健康ドリンクみたいだなあ」というもの。

後日、飲んでみた「のんきに紅茶」「気楽にいこう!アップル」は、普通においしかったのですが(ジンジャーも含め、いずれもりんごのお酒「シードル」がベースのため、苦手な人は注意)、ジュースと変わらない飲み心地ですし、缶の形状やデザインなどからも、チューハイを飲んでいるときのようなリラックス感は得られませんでした。

ただ、それもそのはず、家に帰ってYOUTUBEでCMを見てみると、どうもお酒というよりエナジードリンクのイメージを打ち出そうとしている模様。

バタフライ CM イチパッといこう篇 30秒

キリンのニュースリリースを見ると、こうありました。

近年、RTD市場はお客様の嗜好や飲み方の多様化により、拡大傾向が続いています。当社が実施した調査によると、20代の男女9割以上が「お酒を飲むことが好き」と回答していますが、他の年代と比較するとお酒を飲む頻度が低いことが明らかになりました。その理由として「忙しくて飲む時間がない」「翌日の仕事が気になる」「酔うと趣味が楽しめなくなる」などの意見が多く見受けられます。また、「容量が多くて飲みきれない」「アルコール度数が高い」など、日常の中でお酒を“がっつり”と飲むことに抵抗を感じている人や、翌日を考えてお酒を飲みたくても控える人が多い傾向にあります。
引用:「気軽に楽しめるアルコール1%のRTD「キリン バタフライ」を新発売」より

なるほど。そもそも私は、ターゲット層じゃなかったんだな…ちなみに、RTDとは、「Ready to Drink」の略で、広い意味では、購入後そのまま飲める缶やペットボトル入り飲料を指しますが、日本では、缶チューハイや缶のカクテルなど、缶入りの低アルコール飲料を指して使われることが多いようです。

そのRTD市場を広げるべく、「ウルトラライトアルコール」として、お酒らしからぬ軽やかなイメージで登場したバタフライ。さて、今まで飲みたいと思いつつ、飲まずにいた人に訴求するんでしょうか。

サントリーの同じく1%のアルコール飲料「The O.N.E」との比較

その点、同じ1%のアルコール飲料のサントリー「The O.N.E」のパッケージデザインは、ベタなぐらい従来のチューハイのイメージを踏襲していて、ちゃんと「飲んでいる」気分になれます。低アルコールのチューハイにしては、甘ったるくなくてすっきりしている点もポイント高いです。

大人の男性に受けそうなダークなブルーとグリーンのパッケージ
サントリー ザ・ワン

サントリーの商品ページによると、次のようなニーズを満たす商品として開発された模様。

近年、女性の社会進出や、男性の家事・育児参加が進む等、ライフスタイルの多様化が進行しています。
これにより、やりたいことが残っている時や翌朝が気になる時などに、“酔いすぎたくはないけどお酒のある時間をもっと気軽に楽しみたい”というあらたなニーズが生まれています。
引用:「The O.N.Eについて-お酒のある楽しい時間をもっと。気になる!ALC.1%のヒミツ」より

なるほど、こちらはバタフライより少し上の年代の、飲みたいけどがっつり飲みたくない(飲めない)という人を狙っているようです。ただ、もっと上の世代の、アルコールの摂取量を減らしたい人が、従来のチューハイの代替品として活用することも期待できそう。

CMも従来のお酒のCMらしい、ちょっと色っぽい感じで。リリー・フランキーさんと、水原希子さんが出演しています。

まとめ

ということで、今日は3月10日に発売された、同じくアルコール1%の飲料であるキリン「バタフライ」とサントリー「The O.N.E」を比較してみました。味と、パッケージから得られる「飲んでいる」感から、私はサントリー「The O.N.E」を支持したいと思います。

ただ、個人的に思うのは、1%は物足りないなあと。私以外にも、アルコール度数3%ぐらいが「気軽に飲む」に該当する人は結構多いんでないの?という気がするのですが、いかがなもんでしょう。「The O.N.E」ぐらいのすっきりした味わいで、3%の商品が登場したら、確実にリピーターになりそうです。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ