スポンサードリンク

あみだ池大黒の「pon pon Japon」を食べて全12種類を簡易測色してみました

eyecatch

粟おこしで有名な大阪の老舗菓子店「あみだ池大黒」の新ブランド「pon pon Japon」のアーモンドカフェ」味を食べました。会社の同僚がくれたものです。

「あみだ池大黒」の新ブランド「pon pon Japon」のアーモンドカフェ」味

感想。食べ始めたら止まらない。同梱されていたリーフレットによると、「お米と色々な味をキャラメリゼ」だそうで、私がもらったアーモンドカフェ味の場合は、一個あたり1~2粒のアーモンドが、ごろっと入ってました。

粟おこしでつちかった職人技を活かして、その日の天気や湿度に合わせ、微調整しながらひとつひとつ手づくりされているそうです。

あみだ池大黒のおこしは、子供の頃、大阪の親類によくもらって食べたものですが(「いわこし」と呼ばれていたと記憶)、そのお店がこんなポップでかわいい商品をねえと感心しながら、美味しくいただいたのでした。

pon pon Japonブランドの店舗は、現在のところ、高島屋の大阪店(難波にある)、堺店、JR新大阪駅3階の新幹線中央改札前アントレマルシェ内にあるそうです。梅田にもできないかな。

リーフレットがカラフルでとてもかわいかったので、思わずスキャン。

「あみだ池大黒」の新ブランド「pon pon Japon」のリーフレット

そして、新配色カードを使って簡易測色してみました。

上段左から、
メープルシロップ sf6
アーモンドカフェ dk6
アールグレイ紅茶 b6
さくさくミルクチョコ dk4

中断左から、
ほろにが抹茶 dp10
なごみ黒糖 g8
スパイスカレー dp8
胡麻きんぴら d8

下段左から、
木苺チーズケーキ sf4
ブルーベリーヨーグルト lt20+
いちごミルク lt24+
ドライフルーツ dp6

トーンは、暗清色と中間色がほとんどで、和風で素朴な雰囲気。それぞれ素材のイメージを伝える色を使っており、色相は黄赤から黄が多くなっています。抹茶の黄緑、いちごミルクのピンク、ブルーベリーヨーグルトの青紫が、ラインナップ全体のいいアクセントに。

いや、こうしたカラーバリエーションのある商品を測色して分析するのって、面白いですね。他の商品でもやってみたいと思います。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ