スポンサードリンク

『デザインセンスを身につける』(ウジトモコ / 著)を読みました

eyecatch

『デザインセンスを身につける』(ウジトモコ / 著)を読みました。

「はじめに」によると、この本は「デザインについて感じているもやもやとしたものを解消し、デザインについてしっかりと理解するために」書かれたとのこと。筆者のウジトモコさんは、デザインを理解することは、すべての人にとって意味のあることと考え、そのためにデザイン専門書ではなく、新書としてこの本を刊行したそうです。

なるほど、効果的な色使いや構図といったデザインの基本が、twitterやfacebookのアイコンや、プロフィール画像、ロゴデザインなどの具体例をもってやさしく解説されていて、その点は「デザイン」「センス」なるものに拒否反応がある人にもやさしい本であるという印象を受けました。

特に、アイコンや、プロフィール画像について「顔写真NG」の場合の対処法が語られている点は、親切だなあと。効果的なプロフィール写真の撮り方のノウハウは巷でよく語られているような気がしますが、

「いやだから、そもそもネットで顔出ししたくないんだって!」

という悩みに答えてくれている人っていなかったような。

これまで、仕方なくペットの写真やお気に入りの風景画像をアイコンにしていた方は、いちど本書を手に取ってみてください。顔写真を用いずに、自分自身の特性をタイムライン上で正しく表現するアイコン作りのヒントが、何か見つかりそうです。

ただ、プレゼン資料のデザインについての章は、普通のビジネス書などでもよく見るような内容で特に目新しさはないような気がしましたし、全体的に飛躍が多く、「デザインについて感じているもやもやとしたものを解消し、デザインについてしっかりと理解する」ところまで読者を導くところまでは行ってないような。。

特にくせものだと感じるのが、たびたび登場する「トーン・アンド・マナー」という用語です。「雰囲気」とか「ふさわしさ」を表す広告業界の用語なんだそうですが、何度読んでもその概念がつかめません。以前、ウジトモコさんの他の著書『売れるデザインのしくみ -トーン・アンド・マナーで魅せるブランドデザイン』を読んだことがあるというのに…orz

ということで、今のところ、デザインについて感じているもやもやを、かえって増幅させることになった一冊というのが、本書に対する印象です。とりあえず『売れるデザインのしくみ』を読み返してみようかな。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ