スポンサードリンク

青いラーメン登場!天然青色着色料「リナブルー」の効果やいかに!?

eyecatch

1週間ほど前に、Yahoo!トップの写真トピックス経由で青いスープの冷やしラーメンを見て以来、また青い食べ物について悩んでいます。

以前、「青い『グフとうふ』の量産もぜひお願いしたいが、決して食べたいとは思わないのはなぜ?」という記事を書いたときには、青色は合成着色料でしか出せないと認識していて、青い食べ物に拒否反応があるのは、合成着色料が体に良くないというイメージのせいもあるのだろうと思っていたのですが、事情が変わってきましたので・・・

というのも、先日見たという青いラーメンスープの色は、スピルリナという栄養豊富な藻類に含まれる「フィコシアニン」という天然色素によるものなんだそうですね。フィコシアニンを商品化した天然青色着色料「リナブルー」は、あの「ガリガリ君」にも使われていたりと、けっこう普及しているみたいなんです。ということで、今回は、合成着色料を使わないという前提で青い食べ物について考えてみたいと思います。

天然青色着色料「リナブルー」で着色した青いスープの冷やしラーメンはこちら。

日本橋本町で夏季限定「青いラーメン」-人気店のこだわり冷やし塩ラーメン

うーん、やはり食欲がわきません・・・塩分脂肪分に気をつけなければいけない人が、スープを飲まないように防止するのにはいいかも、という感じでしょうか(汗)

どうも私はラーメンが青いのは受け付けないようです。では、他の食べ物はどうでしょう。普通は青くないもので、青くしてもOKな食べ物ってあるんでしょうかね? 代表的な食材やメニューで、青く色づけできそうなものを挙げてみました。リナブルーのラーメンスープと同じくらいの青色だと想像してみてください。

このくらいの青 ↓

リナブルーの
ラーメンスープ

ご飯
食パン
うどん
そば
そうめん
パスタ
カレー
ポタージュスープ
餃子・点心
豆腐
スライスチーズ
かまぼこ

いかがでしょうか。私はそうめん、パスタ、点心の皮はOKな気がしています。さて、これらに共通する要素は何でしょうね。それそのものの味が淡泊で、もとよりさまざまな色のものが存在するということでしょうか。しかし、だとすると青い豆腐やかまぼこが嫌なのが説明できない・・・ということで、やはり悩ましい日々は続きそうな。これをご覧の皆さまのOK・NGのラインもお聞かせいただけましたら幸いです。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ