スポンサードリンク

ファッションの天然素材化が進行?NY発のAce&Jig(エースアンドジグ)が日本上陸

eyecatch

バーニーズジャパンが、2015年春夏からブルックリン発のブランドAce&Jig(エースアンドジグ)の取り扱いを開始するとのこと。現在のところ、主に海外通販での入手となる同ブランドの商品が、2月以降お店で変えるようになる模様です。

エース・アンド・ジグは、アンティーク織物にインスパイアされたという、天然素材のオリジナルの生地が特徴のブランド。2009年にケアリーとジェンナの二人のデザイナーが始めました。

上質の天然素材でできた服といえば、ベージュやブラウン系の地味な色をイメージしがちですが、発色がよいのがAce&Jigの特徴です。

2015年春夏コレクションのプロモーションと思われる動画を発見しましたが、カラフルでかわいいですね。

House Guest for Ace&Jig Spring 2015

ゆるくて楽ちんな感じも、何ともいい感じです。外ではシャキッとしたファッションで働いている女性が、家ではこんな格好でぐーたらしてたら、いわゆるギャップ萌えということでいいかもしれないなあと思いました(普段着にするにはかなり勇気のいる価格帯ではありますが)。

さて、12月12日発行の日経MJは、このAce&Jigの日本進出のニュースを、三越伊勢丹やフェリシモがコットン製の商品に力を入れているという話とともに取り上げ、「天然素材、デザイン・色充実」という見出しをつけています。

カラフルとはいっても、やはり合成繊維とは異なり落ち着いた色合いになるのが、天然素材。

JAFCAの2015年のカラートレンドの予測がグレー混じりの色だったり、PANTONEのカラーオブザイヤー2015「マルサラ」がくすんだ赤だったりするのも、ファッション業界が天然素材に着目しているからかもしれませんね。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ