スポンサードリンク

PANTONE(パントン)のカラー・オブ・ザ・イヤー2014「ラディアントオーキッド」とは!?

eyecatch

PANTONE(パントン)の2014カラー・オブ・ザ・イヤーが発表されました。

来年、2014年の色はRadiant Orchid(ラディアントオーキッド)。2013年9月に公開された米Pantone社の2014年春のカラーパレット10色のうちの、紫系の色です。

Pantone(パントン)ホームページ
Pantone(パントン)ホームページ

ちなみに、カラーパレット10色については、このブログのこちらの記事でご紹介しています。

祝公開!米Pantone(パントン)社2014年春のカラーパレットはこうなった

この記事は、2013年9月に行われたのPantoneのカラーパレット発表と、それを受けたアメリカのNBCのニュースを紹介したものです。

この段階では、NBCはDazzling Blue(一般にロイヤルブルーとかコバルトブルーと呼ばれるような鮮やかで深い青)が、2014カラー・オブ・ザイヤーとして有力という採り上げ方をしています。

しかし、ロイヤルブルーのような深い青は、この日本でも2013年の夏真っ盛りの頃から街なかでよく見かけるようになっていた色で、2014年にはちょっと陳腐になってるかもだなあと思っていたところ、やはり2014カラー・オブ・ザイヤーに選ばれたのは異なる色でした。

Radiant Orchid
PANTONE
18-3224

“radient”には「光輝く」「晴れやかな」などの意味が、”orchid”には「蘭の花」という意味があります。また、”orchid”は薄い赤紫色の別名でもあります。

PANTONE社のサイトには、この色の解説が英語で掲載されているのですが、その文章を訳すとだいたいこんな感じになりました。

「咲き誇る花のような美しさと不思議な温かみが人の目を惹きつけ、イマジネーションを炸裂させる。印象的で、クリエイティブで、包容力のあるこの紫の一種は人を魅了する。フューシャ、パープル、ピンクの調和を底に抱えるRadiant Orchidは、大きな喜び、愛、生命力を放つ」

PANTONE(R) COLOR OF THE YEAR 2014(英語)

この解説によると、特に女性的な魅力を強調したい人には、Radiant Orchidはもってこいの色かもしれません。春になる前にいち早く取り入れて、周囲の人を魅了してしまうというのはいかがでしょう?

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ