スポンサードリンク

『パーソナルカラーの全てがわかる色彩事典』を読みました

eyecatch

図書館で、パーソナルカラー関連の本を片っぱしから予約しておいたところ、先日の『はじめてのパーソナルカラー トミヤママチコのカラー診断講座』に続いての本がやってきました。

この本では、パーソナルカラーの分類に「春」「夏」「秋」「冬」ではなく、「A」「B」「C」「D」という記号を用いています。その点、ちょっととっつきにくいかなという印象。

解説をみると、Aはウォーム系のシックで落ち着いた色、Bはウォーム系の明るいお花畑のような色、Cはクール系のビビッドな力強い色、Dはクール系の淡いパステル画のような色とのこと。四季の分類にひきなおすと、ABCDの順に秋、春、冬、夏ということになるんでしょうね。

『肌の色できめるワードローブ色彩事典』という本のリニューアル版というだけあって、各タイプのシーン別ファッションイラストが充実しているのは嬉しいところです。出版は、2005年とちょっと古いのですが、イラストがとてもシャープで洗練されているので、今見ても全く違和感を感じません。

ただ、『パーソナルカラーの全てがわかる色彩事典』というタイトルと、中身のギャップがちょっと・・・。実例が豊富なのはいいですが、ほぼ実例ばっかりで基本的な知識の解説がきわめてあっさりしているので、「全てが分かる」と言われてしまうと、なんだか不満が残るんですね。

タイトルが『肌の色できめるワードローブ色彩事典』のまま、もしくはせめて『パーソナルカラーできめるワードローブ色彩事典』というタイトルだったら、「これはお役立ち!」ってことになったと思います。

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ