スポンサードリンク

衆院選候補者諸氏に教えたい!? 2013年カラー・オブ・ザ・イヤーはこの色に決定!

eyecatch

米PANTONE(パントン)社が、2013年のカラー・オブ・ザイヤーにエメラルド色を選んだそうです。

PANTONEは、グラフィック関連事業を営む企業で、同社が印刷、工業製品、アパレルなどの分野に提供する色見本帳は、産業界の事実上のスタンダードと言われています。日本では、ソフトバンクとコラボしたカラフルな「PANTONE®ケータイ」で名前が広く知られているんじゃないでしょうか。

2012年12月現在、同社のホームページを訪れると、トップページにカットされたエメラルドの画像と、エメラルド色の帯が表示されており、「Learn more about Emerald」の文字をクリックすると、行った先のページで、エメラルド色を含むファッションやインテリアの画像や、アーティストの作品が見られます。

画像とともに、散りばめられたキーワードは、

「energize(活性化する)」
「heritage(品位、遺産、伝統)」
「radiance(輝き)」

など。また、同社のLeatrice Eiseman氏によると、「エメラルドは、clarity(明晰さ)renewal(刷新)、rejuvenation(再生)といった感覚をもたらし、これは現在の複雑な世界にとってとても重要」だとのことです。

あれっ、何だか選挙演説みたいなフレーズですね。

で、思ったのですが、12月16日の衆議院議員選挙の候補者の皆様は、明晰で、品位があり、再生の意味を持つエメラルド色の力を借りてみるといいんではないかなあと。

来年、2013年のトレンドカラーということで、進取性をアピールすることもできますし、候補者さんたちの画像をざざっと眺めてみたところ、緑系を身につけている人があまりいないので、目立ちの効果も得られそうです。

間近に迫った混戦模様の今回の衆院選。候補者の皆さんはぜひご検討を、って今さら遅いですか(汗)

今月の人気記事

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ