スポンサードリンク

祝・ユネスコ無形文化遺産登録!「和紙」の手漉(てすき)技術を動画で見る

eyecatch

2014年11月27日、昨年の「和食」に続いて、今度は和紙が「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」としてユネスコの無形文化遺産登録を決めたそうです。

ここで言う「和紙」に含まれるのは、国の重要無形文化財に指定されている島根県の石州半紙(せきしゅうばんし)、岐阜県の本美濃紙(ほんみのがみ)、埼玉県の細川紙(ほそかわし)の三つ。

と言われても、今一つピンと来なかったので、紙すきの様子を映した動画を探してみました。

で、見つかったYOUTUBE動画のひとつがこちら。細川紙の手漉き技術を紹介する動画です。

「細川紙を訪ねて~小川町編~」 埼玉県比企郡小川町・小川和紙紀行

小川町(おがわまち)の伝統工芸会館における、職人さんのレクチャーや、紙すき作業の様子が見られる動画です。

紙すき作業の動画は6分30秒ぐらいから。細川紙の原料や、製法、決まり事などについて詳しく語られています。キーワードを抜粋しますと、

  • 原料は楮(こうぞ)と水とトロロアオイ
  • 楮は国産物しか使わない
  • 昔ながらの工法で作業
  • 国の重要無形文化財なので、地合いを保つことが重要
  • おおむね20年以上の修行が必要
  • 小川町(おがわまち)周辺で紙が漉かれ始めたのは、7世紀、推古天皇の頃と言われている
  • 「細川紙」は小川町の和紙ブランドのひとつ
  • 「細川」の名前は、江戸時代に紀州の「細川奉書」の製紙技術を採用したことから付けられた
  • 小川町には、最盛期には1000軒の紙屋があった
  • こんな感じです。細川紙の製法が、長い歴史を持つ、熟練を要する技術であることが分かる動画なのですが、それを全否定するような13分50秒あたりのレポーターの男性のコメントが、なかなか衝撃的。

    伝統技術を後世に伝えることの難しさを考えさせられますが、最後は、レポーター自身が紙すき体験をしてみて(18分ぐらいから)、その大変さが身に染みたという構成になっています。職人さんの技との違いは、歴然でした。

    おっと、細川紙にばかり深入りしてしまいましたが、ほかの和紙の動画もご紹介しておきましょう。

    美濃和紙の里会館での紙すき体験の模様や、製品紹介の動画はこちら。

    美濃和紙で和み。和紙の里会館とランタン作り

    そして、石州半紙の原料や、作業工程を紹介した動画はこちら。なお、石州半紙は、2009年に単独で無形文化遺産に登録されていたとのことです。

    かわひら(石州半紙・和紙製造販売)伝統的工芸品「石州和紙」製造風景

    今月の人気記事

    コメントを残す

    WP-SpamFree by Pole Position Marketing

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ